特別展■桃山─天下人の100年■上野・東京国立博物館 平成館

東京国立博物館・表慶館での
「工藝 2020」展のあと
同じトーハクの平成館で開催中の
特別展■桃山─天下人の100年■へ。

予約制でとてもゆったりと
閉館のアナウンスまで
華やかな桃山文化を堪能。

狩野派の大胆で鮮やかな屏風絵や
甲冑の美しさを再発見。

ポスター (2).jpg
特別展■桃山─天下人の100年■〈事前予約制
2020年10月6日(火)~11月29日(日)
前期 10月6日(火)~11月1日(日)
後期 11月3日(火・祝)~11月29日(日)

★東京国立博物館 平成館
東京都台東区上野公園13-9
03-5777-8600(ハローダイヤル)

https://tsumugu.yomiuri.co.jp/momoyama2020/

政治史における安土桃山時代は、1573年の室町幕府の滅亡から1603年の江戸幕府開府までの30年間をさします。この30年間に花開いた、日本美術史上もっとも豪壮で華麗な「桃山美術」を中心に、室町時代末から江戸時代初期にかけて移り変わる日本人の美意識を数々の名品によってご紹介します。

桃山の精髄―天下人の造形
変革期の100年―室町から江戸へ
桃山前夜―戦国の美
茶の湯の大成―利休から織部へ
桃山の成熟―豪壮から瀟洒へ
武将の装い―刀剣と甲冑
泰平の世へ―再編される権力の美


唐獅子図屛風からじしずびょうぶ
狩野永徳筆 安土桃山時代・16世紀 宮内庁三の丸尚蔵館蔵↓桃山屏風 3.jpg

桃山展示.jpg

国宝  洛中洛外図屛風らくちゅうらくがいずびょうぶ
(上杉家本うえすぎけぼん)
狩野永徳筆 室町時代・永禄8年(1565) 
山形・米沢市上杉博物館蔵↓桃山屏風2.jpg


国宝  檜図屛風ひのきずびょうぶ
狩野永徳筆 安土桃山時代・天正18年(1590) 東京国立博物館蔵↓main_5.jpg

国宝  楓図壁貼付かえでずかべはりつけ
長谷川等伯筆 安土桃山時代・文禄元年(1592)頃 京都・智積院蔵↓長谷川等伯.jpg

甲冑.jpg

重要文化財 銀伊予札白糸威胴丸具足
ぎんいよざねしろいとおどしどうまるぐそく
安土桃山時代・16世紀 宮城・仙台市博物館蔵
伊達政宗が豊臣秀吉より拝領した甲冑で、
全身の防具を揃いの仕立てに誂える「当世具足」の形式↓甲冑2.jpg


重要文化財 花鳥蒔絵螺鈿聖龕かちょうまきえらでんせいがん
安土桃山時代・16世紀 九州国立博物館蔵↓螺鈿.jpg


この記事へのコメント

2020年10月14日 21:34
早速、行ってきましたか。
私もこの展示は非常に気になっています。
絢爛豪華な武士の絶頂期の文化財、やっぱり見事で壮観なものがありますよね。
幾つかは既に見たものがありますが、それらが一度に集まるとなると、ワクワクします。
洛中洛外図屛風の本物、いや~見てみたいです。
素敵な芸術の秋を、上野で過ごされていますね。
komichi
2020年10月15日 23:06
ミクミティさん、こんばんは!
ちょうど同じ場所の「工藝展」に出かけ
時間もあったので開催二日目に観てきました!
超華やかな桃山文化が一堂に会し、
私のように歴史に詳しくないものにも見事な展示でした!
予約制でいつもだったら人垣から見るような作品も
ゆったりと眺められ、充実した時間を過ごしました。
私はトーハクに着いてからその日の予約を取りましたから
比較的まだ空いているような印象です~☆ぜひ!
2020年10月16日 12:12
おお、さすが安土桃山時代。
豪華絢爛の金屏風がずらりと並んで、
天下取りを目指す豪傑たちが活躍した
躍動的な時代の空気を感じさせてくれますね。
本や雑誌でよく目にする狩野永徳の屏風絵や、
上杉本洛中洛外図など、有名な作品が
多いので驚きました。特に、花鳥蒔絵螺鈿で
装飾された立派な聖龕には、キリスト教が
禁令になる以前の自由な空気が感じられて、
心惹かれるものを感じます。
木の葉
2020年10月16日 15:03
こんにちは。
素晴らしい屏風がこれだけたくさん残っていることが素晴らしいと思います。
実際に見ることはありませんが、写真でも想像できますね。
甲冑もその時代の職人さんが作られたもので、凄いですね。

まぁ、お城をどう作ったのかもさえ不思議な気さえします。
komichi
2020年10月16日 18:08
yasuhikoさん、こんばんは!
展示作品のどれもが見事で、
かなり長時間の鑑賞になりました~☆
今はかなり退色しているものの金屏風の
華やかさが当時どれだけのものだったか想像しながら
絢爛豪華な桃山時代を想いました。
狩野永徳の屏風絵も多く、驚きましたし
当時の野心を抱いていた豪傑たちのエネルギーも
伝わってくるような展覧会でした~☆
komichi
2020年10月16日 18:13
木の葉さん、こんばんは!
狩野派の煌びやかな屏風絵が多く展示され
大胆な構図と鮮やかな色彩が当時は華やかだっただろうと
その時代を想像しながら眺めました。
甲冑も多く展示され、その色使いやデザインの
斬新なものもあって、惹きつけられました。