■木と硝子■前田洋 松岡ようじ■展

さくら咲く中、
木工作家・前田洋さんからご案内をいただき
■木と硝子■前田洋 松岡ようじ■展
開催中の八王子のギャラリー・TEN PLUSへ。

木のぬくもりを感じる前田洋さんのうつわ
クラシックな趣の松岡ようじさんの硝子
爽やかな季節のテーブルに
心地よい風が吹きそう…

気と硝子.jpg

■木と硝子■前田洋 松岡ようじ■展

2021年3月20日(土)-4月1日(木)
11:00‐18:00 定休日 月曜日

作家在廊日 前田:20日、4月1日 松岡:21日、27日

自然の息吹を感じる前田さんの木の器と
硝子の美しさを再発見させてくれる松岡さんの
硝子作品のご案内です。

会場から・・・
展覧会3 (2).jpg


展覧会2 (2).jpg

展覧会4 (2).jpg

展覧会6 (2).jpg

展覧会5 (2).jpg


★TEN PLUS
https://10plus.tokyo/
東京都八王子市八日町10‐19
tel:042-649-7905
JR八王子駅から徒歩10分
定休日:月陽・金曜
map.png

この記事へのコメント

2021年03月28日 22:01
木と硝子の器のアーティストのお二人ですか。
お名前は存じ上げませんが、素敵な作品ですね。
非常にシンプルな形状でありながら、未だに新鮮な表現ってあるものだなと感じます。対照的な素材ですから、一緒に展示されると、互いに惹かれる魅力があるような気がします。
春の活花(?)もお洒落で粋ですね~。
うらら
2021年03月30日 09:51
木とガラス、洒落た組み合わせですね。
大きなガラスのピッチャー、素敵です。
木をカバーにして中に…の使い方もいいなあ。
写真からでもよくわかりますが、素敵なものを見ると
より足を運んで手に取って拝見したいですー!
Komichi
2021年03月31日 08:17
ミクミティさん、おはようございます!
パソコンの不調のため修理中で、お返事が遅くなりました。
この展覧会は、木工作家の前田さんからご案内をいただきうかがいました。
硝子作家の方は初めてでしたが、しっかりした造形とクラシックな雰囲気に惹かれました~☆
とくに、少し大ぶりな花瓶の存在感の中にある優雅さも好きです~♪
Komich
2021年03月31日 08:25
うららさん、おはようございます!
こちらの松岡さんの硝子作品は初見でしたが、
重厚感の中に優雅さもあって、
とても素敵でした~☆
前田さんの木工作品からは、樹のぬくもりや
丁寧な仕事から自然を大切に受け入れている
姿勢も感じて、あたたかな気持ちになりました。
昨年は開催されなかった横浜三溪園での展示会に
今年も参加されたら・・・と、願っています。



2021年04月04日 17:37
木の器には温もりが感じられて良いものですね。現代の生活では、なかなか使用する機会はありませんが、壺は置いておくだけでも、気持ちにゆとりが感じられそうです。
ガラスは富山市でも作家が活躍していますが、一人前のガラス作家になるのは大変と聞きます。松岡氏の作品は実生活にも使えそうですね。花を生けたら、いっそう綺麗に見えます。
komichi
2021年04月05日 22:42
連峰の風さん、こんばんは!
木の器は物を載せたときに
ふんわりとおさまるような気がします。
私は朝食べるパンを載せるとき木のやわらかさが
心地よく好きで毎日使っています。
鉢植えカバーも木に替えたら、
インテリアにしっくりきそうです。
ガラス作家は、高温の窯の管理も難しく
火を燃やし続けなければならず大変だと聞いたことがあります。
松岡さんの硝子を拝見したのは初めてでしたが
しっかりしたつくりとちょっとクラシックな感覚も好きです~☆