第71回■モダンアート展■上野・東京都美術館

陶芸作家・吹田千明さんより
第71回■モダンアート展■のご招待で
春雨降る朝、上野・東京都美術館へ。
千明さんのお父様、吹田文明氏は
今年93歳の現役版画家。

吹田文明氏の作品『人生羽毛のごとし』は
暗いけれど透明感のある藍色を使ったバックに
白い軽やかな羽根が舞い降りる版画。
今までの作品の華やかな色彩から離れ
内面と向き合っているような佇まいが
魅力的。

モダンアート展.png


第71回■モダンアート展■上野・東京都美術館
2021年4月2日(金)~4月16日(金) 4月5日(月)休館日
9:30am~5:30pm 

会場から・・・

★絵画
展示室1.JPG

「ナイルの夜明け」弥冨充代↓「ナイルの夜明け」弥冨充代.JPG

「Avatar of kiki」小澤はるみ↓作品2c (2).png 

「此岸(Shigan)」松林眞澄.↓「此岸(Shigan)」松林眞澄.JPG


★染織

『祈り』石田順子↓作品5c (2).png

「朝市」木下壽代↓
「朝市」木下壽代.JPG


「記憶の蒼」高嶋榮子↓ 
「記憶の蒼」高嶋榮子.JPG



★版画
吹田文明.jpg中央の作品は「人生羽毛のごとし」吹田文明
照明の反射で撮影できず、↑こちらの画像は吹田千明さんのfacebookから転載しました。

★立体 彫刻
立体.JPG

「大地」矢野茂次↓
 「大地」矢野茂次.JPG


「深夜のテーブルセット」今城彬↓「深夜のテーブルセット」今城彬.JPG

「Japanese paper strings」石井香久子↓ 「Japanese paper strings」石井香久子.JPG


都美術館前の歩道から・・・
都美術館1.JPG

シャガ1.JPG

シャガの花も咲いて・・・
雨に濡れた上野の森も静か

この記事へのコメント

2021年04月17日 11:56
コロナ禍の時代、アーティストにこうして
発表の場があるというのは、大切なことですね。
「記憶の蒼」「大地」など、どれも
印象に残る作品ばかりでした。吹田文明さんの
お元気な活躍ぶりには、感心するばかり。
様々な芸術の分野の中でも、美術関係には、
こうしてお幾つになっても現役で活躍される方が
少なく無いようで、頼もしい話だと思います。
2021年04月17日 15:13
吹田さん、親子で芸術家なのですね。
家族そろって芸術家ってありますよね。
最近、上野の美術館がご無沙汰です。
モダンアートでは、やはり感性を揺さぶられるものがありますね。
そういう感覚を忘れたくないです。
「人生羽毛のごとし」とは、何とも言えない境地だなと思います。
komichi
2021年04月17日 16:38
yasuhikoさん、こんにちは!
私の住む藤野でも毎週どこかでやっていたイベントが
すっかりなくなって、寂しくなりました。
そんなコロナ禍で、伝統ある公募展が開催されるのは
作家たちにとって、どれだけ励みになることでしょう。
吹田文明氏をはじめアート作家たちは心のベクトルが
高いのか、お元気な方も多いですね~☆
これからも彼の作品を眺めて行きたいと願っています。
komichi
2021年04月17日 16:46
ミクミティさん、こんにちは!
この日は雨の平日午前中のせいか静かな上野でした。
吹田文明さんのお嬢さん・千明さんは陶芸作家で
ご活躍されています。どこか文明氏のDNAを
感じます~☆
71回を迎えたモダンアート展、コロナ禍でも開催の
勇気に感動しました。
モダンアートを眺めて、久しぶりの刺激も感じました。
「人生羽毛のごとし」とは一線で活躍している氏の
今の境地なんでしょうね。
2021年04月19日 10:43
コロナ禍のなか、このような展覧会が開催されると、芸術ファンにとっては嬉しいですね。いろいろな作家の方の展示がされているようですが、さまざまな作品に出会えるので、素敵な時間を過ごせそうです。
私のところでも、シャガが咲きだしましたよ。
komichi
2021年04月20日 16:17
連峰の風さん、こんにちは!
久々に「モダンアート展」に出かけました。
アーティストたちがこのコロナ禍で展覧会開催が
少なくなっている時、こうして大規模な展覧会を開催し
アーティストの発表の画を提供することは意義のあることと思いました。
90歳を超えてもなお作品制作にかける吹田文明氏の
情熱がすごいと感じています。