■牧野環日本画展ーSangaー■松坂屋名古屋店

日本画家・牧野環さんより
6月9日より松坂屋名古屋店で開催される
■牧野環日本画展ーSangaー■の
美しい冊子が届きました。

コロナ禍で週末は休業となるそうですが
牧野環さんの繊細な作品に久しぶりに
触れる機会になりそうです。

makino sanga.jpg

■牧野環日本画展ーSangaー■松坂屋名古屋店

2021年6月9日(水)~15日(火)
10:00~19:30

★6月12日(土)・13日(日)は美術画廊休業となりました。
 会期中は許す限り、ほぼ在廊する予定ではございます。
(10日木曜日は15時以降在廊予定)
最終日は16時閉場となります。

「山河を旅し、季節のうつろう様、自然の在り様を眺める。
それをひと掬いして描くことで、私の命が膨らむような気がしています。
-Sanga-は讃画であり、産我であります。
ご高覧ご批評いただけたら幸甚に存じます」牧野 環

★牧野環ーsangaー個展 特設サイト

《光の瀧》makino5 (2).jpg

《虹の庭》makino1.jpg

makino6.jpg

makino2.jpg

上記の画像は公式サイトより転載いたしました。



牧野環 profile
1974年 愛知県西尾市吉良町に生まれる。
1999年 再興第84回院展にて「それぞれの海」が初入選
      愛知県立芸術大学美術学部日本画専攻卒業
2001年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科日本画専攻修了
2002年 雪舟の里総社墨彩画公募展にて「臨界」が雪舟大賞受賞
2005年 トリエンナーレ豊橋 豊橋市美術博物館
2007年 個展レスポワール展 銀座スルガ台画廊
2010年 個展「未だ青き道」松坂屋名古屋店
2012年 個展「忘れずの風」日本橋三越本店、名古屋店 
      特別展 岸~歌会始御題によせて~に「滲む夜」出品 伊勢神宮美術館 
2014年 個展「甘き水を探しに」松坂屋名古屋店
      個展「涼しき出会い」阪急うめだ本店
2015年 再興第100回院展にて「明日を積む」が奨励賞受賞
2016年 個展「-朝-」日本橋三越本店 
      第71回春の院展にて「凪の朝」が奨励賞受賞
      創と造 東京美術倶楽部ほか (同2017,2018) 
      院展受賞作家新作展 松坂屋名古屋店
2017年 日経ファミリーカレンダー挿画を担当
      個展「この光の消えぬうちに」松坂屋名古屋店
2019年 個展「風の糸を辿って」日本橋三越本店


現在   日本美術院 院友

師    片岡球子 松村公嗣



★松坂屋本館8階美術画廊
〒460-8430
名古屋市中区栄三丁目16番1号
052-251-1111(大代表)

地下鉄名城線矢場町駅 地下通路直結(5・6番出口)
地下鉄栄駅 16番出口より南へ徒歩5分


★牧野環さんの過去の展覧会情報はこちらから↓
https://komichi-blog.at.webry.info/theme/df46a81d65.html


この記事へのコメント

2021年06月11日 08:41
展覧会場を訪ねた時、いつも作者ご本人が
いらっしゃるというのは、嬉しい話ですね。
深い森の中に差し込む光の帯。
神々しいまでの自然の姿に向き合う
作者のの感動が感じられる作品だと思いました。
komichi
2021年06月11日 16:44
こんにちは!
昨年もコロナで個展開催を見送られたとか…
いま、アーティストは皆さん大変な想いをして
制作を続けています。
私も伺いたいのですが・・・
コロナのワクチン接種を控えしばらくは
静かに暮らさないとなりません。
牧野環さんの作品からは瑞々しい空気や
自然の姿が透明感ある絵画として表現され
思わず手を合わせたくなります。