写真展■岩合光昭の世界ネコ歩き■東京富士美術館

雨降りの午後
心温まるような展覧会を探して・・・
わが家からも近く
八王子の丘の上、東京富士美術館で開催中の
写真展■岩合光昭の世界ネコ歩き■展へ。

以前時々テレビで観ていた「世界ネコ歩き」
世界の猫たちと会話するように撮影する
岩合光昭さんのあたたかな眼差しが
写真に映し出され、ほっと心休まり、
思わず笑みが浮かびます。

猫ポスター.jpg


写真展■岩合光昭の世界ネコ歩き■東京富士美術館

2021年6月1日(火)~8月29日(日)
10:00~17:00

★東京富士美術館
https://www.fujibi.or.jp/
〒192-0016
東京都八王子市谷野町492-1
042-691-4511

NHK BSプレミアムの人気番組「岩合光昭の世界ネコ歩き」が写真展になりました。同番組は本年1月に劇場版第2弾が公開され話題を呼んでいます。岩合氏は、日本人写真家として初めて「ナショナル ジオグラフィック」誌の表紙を2度も飾るなど世界的に有名な動物写真家で、ネコは約半世紀ライフワークとして撮り続けています。週刊朝日の「今週の猫」や、月刊「潮」の「世界のネコたち」の連載も好評を博しています。本展は、岩合氏がヨーロッパ、アフリカ、アメリカ、アジアなど世界15地域で出会ったネコたちの写真作品を中心に、番組未公開映像を加え、209点で構成します。「ネコは人間とともに世界に広まった。だからその土地のネコはその土地の人間に似る」と語る岩合氏。ネコたちの愛らしい表情や仕草、一瞬の動きをとらえた写真は、多くの人々を魅了することでしょう。番組ファンはもちろん、ファンならずとも楽しめる”イワゴーワールド”をご覧ください。


猫 会場.jpg

猫a.jpg

猫b.jpg

ねことじいちゃん「タマと港」2018年↓
ねことじいちゃん 「タマと港」2018年.jpg


山口県 給島 ジャンプ↓ 
山口県 給島 ジャンプ.jpg


ネコ:ラバ イヌ:スヌーピー ハワイ↓ネコ:ラバ イヌ:スヌーピー ハワイ.jpg

子猫子猫.jpg

子猫仔猫.jpg


展覧会を観終え
東京富士美術展の収蔵作品も鑑賞

収蔵 会場.jpg

「浴後の女」ピエール=オーギュスト・ルノアール 1896年↓
浴後の女 ピエール=オーギュスト・ルノアール 1896年.jpg


「散歩」エドウワール・マネ 1860年↓
散歩 エドウワール・マネ 1860年.jpg



「スフィンクス橋の眺め」ユベール・ロベール 1767年↓スフィンクス橋の眺め ユベール・ロベール 1767年.jpg

「ひなぎくの野の子どもたち」エドワード↓ひなぎくの野の子どもたち エドワード.jpg

左:「ベルリン帝国議事堂」アンディ・ウォーホル 1982年↓ベルリン帝国議事堂 アンディ・ウォーホル 1982年.jpg
アンディ・ウォーホルのこの作品も収蔵していることに驚き!


東京富士美術館の収蔵作品はそうそうたるもの
今回は写真家・キャパの動物と人物の絡んだ作品なども別室で展示され
懐の大きな美術館です。


この記事へのコメント

2021年07月12日 18:43
「世界ネコ歩き」見ている人は多いですよね。
私は見たことはないのですが、雑誌で取り上げられているとついつい見入ってしまいます。
岩合さんの撮るネコ達はたくましく生き抜いているネコが多く、本来のネコはこうなんだろうなぁと思いながら見ています。

息子さん、ご当選おめでとうございます。
ひょっとしたら、テレビや紙面で拝見していたのかもしれませんね。
2021年07月12日 22:16
こんばんは!
私もあまりテレビを見ないので、
以前時々この番組を見たことがあって、土地々の風土と
ネコの関係がおもしろいなぁ…と思っていました。
この番組では外ネコのたくましさが目立っていますね。
家庭内で人と静かに寄り添っている猫の存在も素敵ですね~☆

選挙は何度やっても、ハラハラしてしまいます~(笑)。
うらら
2021年07月13日 11:03
こんにちはー、と思わず書き出ししたくなる猫ちゃん写真。
ワタシも時々テレビで拝見していますが、目の付け所やナレーションがいいですネ。
ご子息さま、ご当選おめでとうございます!
四期目となると実力ですね。
komichiさんもお疲れさまでした。
少しはお疲れも取れたましたか。

関東圏の美術館や作品展情報、こちらでわかりやすく拝見し感動し楽しんでおります。
三菱一号館美術館のこの間から始まった催し、いつかは行かれますか。
コロナでなければ休日切符の東北旅ついでに寄れたのですが。ザンネン
komichi
2021年07月13日 17:00
うららさん、こんにちは!
うららさんもネコと一緒に暮らしていて
ネコの良さを十分知っていらっしゃるので、
よけいに岩合さんの写真にも反応されるでしょうね~☆
テレビ番組で、毎回各国の風景と猫がマッチして・・・
自分も一緒に歩いているような気持になります~♪

三菱一号館美術館の今回の展覧会の事前ブロガー招待日も
あったのですが、息子の選挙と重なり行けませんでしたから
友人と一緒に、近いうちに出かけたいと願っています。
今回の展示では世田谷の静嘉堂で展示されていた
国宝の天目茶碗など…
すばらしいお宝を観ることができそうです~☆


2021年07月16日 10:39
『世界ネコ歩き』、私も時たま見ています。
どちらかというと犬派の私ですが、
猫に語りかけるような岩合さんの語りの
面白さや、動物に対する視線の確かさに、
思わず引き込まれてしまって…。
どうしてあんなに猫と仲良くなれるのか、
その点は本当に不思議ですね。
komichi
2021年07月16日 22:04
yasuhikoさん、こんばんは!
岩合さんはいつもネコの目線になって
まるで仲間のような感じで近づいて行きますね~☆
各地の猫たちとの触れ合いから生まれた写真が
生き生きして、見る人を惹きつけるのでしょうね~☆
2021年07月17日 22:08
「岩合光昭の世界ネコ歩き」写真展が開催中ですか。
ネコ好きの母が大好きな番組です。
私も既に数冊、写真集をプレゼントしています。
ここへ行けば母が喜ぶことが間違いないでしょう。
相模原南区から、連れて行けるか。迷ってしまいました。
なかなか悩ましいです。
komichi
2021年07月18日 14:23
ミクミティさん、こんにちは!
東京富士美術館は八王子の丘の上の美しい美術館です。
今回は「岩合光昭の世界ネコ歩き」展ですけど、
常設展にはこの美術館収蔵の世界の名画も多く
とても充実した企画となっていました。
ぜひどうぞ~☆