安野光雅 追悼■洛中洛外と京都御苑の花■展

若い友人と久しぶりに横浜でランチ
時折小雨が降ったり、青空見えたり
忙しいお天気の中、平日で人の少ない
山下公園を散歩したり元町散策も。

帰りに■安野光雅 追悼
■洛中洛外と京都御苑の花■展を
開催中の横浜高島屋へ。

彼のやさしい眼差しあふれる水彩画展。
画に添えられたメッセージには
子どもの頃の想い出や
描かれた風景の原点を綴って・・・

詩のような言葉と柔らかな筆触に
平和な時間を過ごします。

ポスター.jpg

安野光雅 追悼■洛中洛外と京都御苑の花■展
2021年9月15日(水)→10月4日(月)
午前10時〜午後6時30分 最終日10月4日(月)は午後4時30分まで
横浜高島屋ギャラリー〈8階〉

1968年に絵本作家としてデビューし、ユーモアあふれる絵本や温かな色彩の水彩画などで人気を集めた画家の安野光雅氏。「洛中洛外」の風景画を中心に、94歳でこの世を去るまで描き続けた作品の原画を一堂にご覧いただける追悼展を開催いたします。2011年5月から産経新聞に毎月連載された、約1200年の歴史と伝統に彩られた京都を描く「洛中洛外」は、安野さんが自身で京都各地を訪れ、洛中のおなじみの寺社仏閣だけでなく洛外も京都の北部から南部までの広範囲にわたる風景や歴史ある街並みを描きました。京都ゆかりの人物まで描かれており、作品の題材は多岐にわたります。また、2019年は天皇陛下譲位の年ということもあり、特別編として1年間、京都御所のある京都御苑に咲く花を題材に連載されました。今展では、安野さんが約9年間にわたって京都を描いた作品95点と、京都御苑の花を描いた作品26点の原画を一堂にご紹介いたします。



《京都御苑の花 ツクシ》↓京都御苑の花 ツクシ.jpg

《洛中洛外:カマヤ海岸》↓洛中洛外:カマヤ海岸.jpg

《洛中洛外:丹後の森》↓洛中洛外:丹後の森.jpg

《洛中洛外:賀茂川上流》↓洛中洛外:賀茂川上流.jpg

《洛中洛外:琴引浜の夕日》↓洛中洛外:琴引浜の夕日.jpg

安野.jpg

安野光雅(あんのみつまさ) 大正15年(1926年)3月20日島根県津和野町に生まれる。子供のころより、画家への夢を抱き、昭和24年美術教員として上京。教員のかたわら、本の装丁などを手がける。昭和43年、絵本「ふしぎなえ」でデビュー。その後、淡い色調の水彩画で、やさしい雰囲気の漂う作品を数多く発表。また、美術の世界だけにとどまらず、科学・数学・文学などにも造詣が深く、その好奇心と想像力の豊かさで次々と独創性に富んだ作品を発表。その業績に対し、国際アンデルセン賞を始め、紫綬褒章、菊池寛賞など数々の賞を受賞。平成24年(2012年)には文化功労者に顕彰されました。代表作に「ふしぎなえ」「ABCの本」「天動説の絵本」「旅の絵本」「繪本 平家物語」、司馬遼太郎「街道をゆく」の挿絵など。

山下公園から・・・
山下公園1.JPG

ランチはホテルニューグランドの
イタリアンレストラン、イル・ジャルディーノ
イタリアンレストラン イル・ジャルディーノ.jpg

中庭を眺めながら
オープンエアーのランチ↓ニューグランド5.JPG

ニューグランド1.JPG

イチジクと生ハム↓ニューグランド2.JPG

秋の味覚トリフたっぷりのパスタ↓ニューグランド3.JPG

メインは豚肉のビール煮込みで写真は忘れました~(笑)

柑橘系のデザート↓ニューグランド4.JPG

この記事へのコメント

2021年09月24日 12:50
安野さん、こんな絵も手掛けてたんですね。
絵本ではどれだけお世話になったか、
分かりませんが、少し前に『旅の絵本』シリーズを
図書館から一通り借りて来て、仕込まれた
遊びの部分を発見するのに夢中になってました。
京都を描いたシリーズがあるのは知らなかったので、
機会があったら、作品に触れたい気がします。
komichi
2021年09月24日 18:27
yasuhikoさん、こんばんは!
安野さんの「旅の絵本」シリーズ
なんかとっても楽しそうで・・・
私はまだ観ていませんので図書館に予約して
見てみようと思っています~☆
京都を愛した安野さんの想いが込められた水彩画でした。
私はふんわり描いた水彩画が好きなので、安野さんの
風景画が好きです~☆
2021年09月25日 20:53
お久しぶりです。
そういえば、横浜駅も横浜港周辺も、しばらく行ってないなと気付かされます。
ここ1-2年で大きく変わったはずですよね。
安野光雅さんの「洛中洛外と京都御苑の花」展。素朴で暖かみのあるタッチが素敵ですね。紙の風合いも魅力的に感じました。
ホテルニューグランドのイタリアン、昔から知っていますが行ったことがありません。隣のレストランカフェには、何度も入りましたが。
やっぱりゴージャスな料理と雰囲気が素晴らしいです。
komichi
2021年09月26日 15:04
ミクミティさん、こんにちは!
ちょうど横浜で友人と会う約束があったので
帰りに一緒に出掛けました。
デパートの展覧会ですけど人出も少なくゆったりと
鑑賞できました。
さっと描いたような風景画、こんなふうに描けたら・・・
と、思いながら多くの作品を観て周りました。
「風景を見たまま描くのではなく自分の心に感じたように描いている・・・」という言葉にも、彼の絵画への眼差しを感じました。
ののはな
2021年10月05日 15:47
すてきな時間を過ごされましたね。
惜しい方がどんどん亡くなられて、この世も住みにくくなります。
そういう意味で老いが怖い。
若い方とご一緒ってそういう意味でもすてきです。
行動半径がどんどん縮まる自分が怖い。
komichi
2021年10月07日 12:02
ののはなさん、こんにちは!
すっかりご無沙汰しております。
毎週1回は家から出て、アートなどに触れるように
しています。
家からのZoomヨガレッスンなど、出かけないことが多く
やはり美しいものやことに触れることは
私にとっては生きる養分になるような気がしています。
私の古い友人たちは若いころから激務でしたから
次々に亡くなり、寂しい限りです。