■PARIS オートクチュール展■世界に一つだけの服



小雨降る午後
現在■PARIS オートクチュール展■開催中の
丸の内・三菱一号館美術館へ。

2013年、パリで開催され好評を博した企画展を
再構成して行われているオートクチュール展。

服のデザインイメージに合わせた
パリの服職人の技術に基づいた誇りがうかがわれる
あまりにも美しい刺繡やカッティングにため息。

次々と生まれる天才デザイナーたちの想いと
たった一枚の服に全身を捧げる人たちの手仕事が
結実したオートクチュールはアート作品。

服そのもののもつ美の力を感じた展覧会。

日本の伝統、着物や帯にも思いをはせたひと時。


三菱一号館美術館1


ポスター

■PARIS オートクチュール展■世界に一つだけの服

2016年3月4日(金)→5月22日(日)


10:00→18:00
☆祝日を除く金曜、会期最終週平日は20:00まで。
休館日:月曜日(祝日と5月2日、5月16日は開館)

三菱一号館美術館

東京都千代田区丸の内2-6-2
03-5777-8600(ハローダイヤル)

★公式サイト
http://mimt.jp/paris-hc/

「19世紀後半のパリで誕生したオートクチュール(Haute)=「高い」「高級」・Couture=[
「縫製」「仕立て」の意)は、パリ・クチュール組合の承認する数少ないブランドにより、顧客の注文に合わせてデザイナー主導で仕立てる高級服として知られています。
本展は、オートクチュールの始まりから現代に至る歴史を概観するもので、パリ・モードの殿堂ーガリエラ宮パリ市立モード美術館館長オリヴィエ・サイヤール氏監修のもと、2013年にパリ市庁舎で開催され、好評を博した展覧会を当館に合わせ再構成されたものです。シャネル、クリスチャン・ディオール、バレンシアガ、ジヴァンシィ、イヴ・サンローラン、ジャン=ポール・ゴルティエ、クリスチャン・ラクロア、アライアらが生み出してきた時代を映し出す美しいシルエットの数々、刺?・羽根細工・コサージュなど脈々と受け継がれる世界最高峰の職人技を、ドレス、小物、デザイン画、写真など合わせておよそ130点によりご紹介します。」

第Ⅰ章:オートクチュールの発明19世紀
第Ⅱ章:コルセットの終焉から「狂乱の時代」のジュエル・ドレスまで1990-1929
第Ⅲ章:贅沢なエレガンス
第Ⅳ章:オートクチュール、40年代のファッション写真
第Ⅴ章:技巧を凝らすテーラリングと50年代のファッション写真
第Ⅵ章:クリスチャン・ディオールの影響とニュー・ルックの登場
第Ⅶ章:オートクチュールと60年代の再生
第Ⅷ章:オートクチュールの現在


クリスチャン・ラクロワ イヴニング・アンサンブル 《クー・ド・ルーリ》
クリスチャン・ラクロワ《クー・ド・ルーリ》
1991年秋冬 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵
©Katerina Jebb @ mfilomeno.com


クリスチャン・ディオール イヴニング・ドレス《パルミール》
クリスチャン・ディオール《パルミール》
1952年秋冬 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵
©Katerina Jebb @ mfilomeno.com


ジェローム イヴニング・ドレス《楽園》
ジェローム イヴニング・ドレス《楽園》
1925年頃 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵
©Katerina Jebb @ mfilomeno.com

バレンシアガ イヴニング・ドレス 
バレンシアガ イヴニング・ドレス 
1951年秋冬 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵
©Katerina Jebb @ mfilomeno.com


ウォルト イヴニング・ケープ 
ウォルト イヴニング・ケープ 1898-1900年頃 
ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵
©Katerina Jebb @ mfilomeno.com


スキャパレリ イヴニング・グローブ《爪》
スキャパレリ イヴニング・グローブ《爪》
1936年頃 ガリエラ宮パリ市立モード美術館蔵
©Katerina Jebb @ mfilomeno.com


会場のインテリアも見どころのひとつ

三菱一号館美術館3


三菱一号館美術館2



三菱一号館中庭2
3F通路の窓から眺めた中庭


三菱一号館中庭
中庭から・・・






"■PARIS オートクチュール展■世界に一つだけの服" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント