■イサム・ノグチ 発見の道■上野・東京都美術館

暑さの戻った午後
8月29日に終了する
■イサム・ノグチ 発見の道■展
開催中の上野・東京都美術館へ。

今回、彼の作品を一挙に見る好機と、
会期終了真近に、あわてて…

花崗岩が好きだったという
イサム・ノグチの石の作品から
唯一無二の存在を感じた時間。

いつか、牟礼の庭園美術館を訪ねたい。

イサムノグチ ポスター.jpg



■イサム・ノグチ 発見の道■上野・東京都美術館

2021年4月24日(土)~8月29日(日)月曜日は休室
9:30~17:30
東京都美術館 企画展示室

公式サイト
https://isamunoguchi.exhibit.jp/

日本人を父に、米国人を母に生まれたイサム・ノグチ(1904-1988)は、東西の間でアイデンティティの葛藤に苦しみながら、独自の彫刻哲学を打ち立てた20世紀を代表するアーティストです。20代で彫刻家コンスタンティン・ブランクーシと出会い、そのヴィジョンに決定的な影響を受けたノグチは、自然と通底する抽象のフォルムが生み出す世界を、生涯を掛けて追い求めました。ノグチは戦争によって、両親の祖国が互いに敵国になるという痛恨事を経験しており、平和への強い願いを込めた作品も残しています。本展では、類例なきつくり手による「発見の道」を辿りながら、ノグチの日本文化への深い洞察や、その今日的な意味を明らかにし、彼の彫刻芸術の核心に触れる機会にしたいと考えています。

25歳でイサム・ノグチと出会いともに仕事をした
牟礼の石匠・和泉正敏氏のイサムを語るインタビューがすばらしい。↓


イサムノグチ.jpg

イサムノグチ3.jpg


《女》(リシ・ケシュにて)1956年鋳鉄↓
イサムノグチ2 .jpg


《通霊の石》1962年
ブロンズ、アルミニウム↓イサムノグチ4.jpg

イサムノグチ5.jpg

イサムノグチ8.jpg

《原子の積み莫》1982-83年
妖怪亜鉛メッキ鋼板↓
イサムノグチ7.jpg


《レディ・ミラー》1982-83年
溶融亜鉛メッキ鋼板↓
イサムノグチ6.jpg


イサムノグチ あかり.jpg

"■イサム・ノグチ 発見の道■上野・東京都美術館" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント