藤村亮太展■Utsuwa Montage■吉祥寺・OUTBOUND

小雨ふる肌寒い午後 現在、藤村亮太展■Utsuwa Montage■ 開催中の吉祥寺・OUTBOUNDへ。 1月の「作用」展にも出展されていた 藤村亮太さんの再生うつわ。 大量生産で生まれたうつわや 役目を終えた陶磁器に 新たな命を吹き込み 魅力的な作品に生まれ変わって… 上野雄次氏の花生けも相まって ひ…
コメント:8

続きを読むread more

般若心経を唱えてみよう〜仏さまと結びつき、心安らかに生きるために

ヨガスタジオ・タクトエイト主催の ワークショップが開催された 八王子の真言宗智山派・浄福寺へ。 浄福寺住職で宗教学者でもある 廣澤隆之氏による 「★般若心経を唱えてみよう〜★ 仏さまと結びつき、心安らかに生きるために」 廣澤先生の解説はユーモアを交えて インドでの仏教の始まりから 弘法大師・空海が日本に伝えた …
コメント:6

続きを読むread more

開館10周年記念■画家が見たこども展■三菱一号館美術館

★コロナウィルスの影響で2月28日より3月16日まで臨時休館となります。 小雨ふる夕暮れの丸の内 2月15日から三菱一号館美術館で 開催されている■画家が見たこども展■ 閉館後のブロガー内覧会へ。 1888年から1900年頃のパリで起こった ナビ派画家の描いた子供がテーマの絵。 それまで欧米では聖母子や貴族の肖…
コメント:4

続きを読むread more

★お誕生日プレゼント★ディズニーランドから・・・

おだやかに晴れた 振替休日の月曜日 2月生まれの孫と恒例の ディズニーランドへ。 6時前に藤野を出て 目黒で孫をピックアップして 湾岸線を浦安へ。 「スター・ウォーズ」アトラクションを 何度も体験したり いかだで小島にわたり自由に散策する アスレチック的な遊び方を楽しんだり 上のRちゃんのファンタジー好みと…
コメント:10

続きを読むread more

府中市★郷土の森博物館★梅まつり

夕方から始まる 中村尚人先生のヨガレッスンまで 急に時間が空いたので 思い立って、府中市の ★郷土の森博物館★へ。 5部から7分咲きの梅が見ごろ。 白梅、紅梅、八重咲きなど… 風のない穏やかな午後 心地よい散歩。 今日は一転、朝から春一番が吹き いつもよりずっと早い春が やってきました。 …
コメント:10

続きを読むread more

映画■巡礼の約束■神保町・岩波ホール

午前中のヨガレッスンのあと 現在、映画■巡礼の約束■上映中の 神保町・岩波ホールへ。 ラサへの2000キロ路を病をおして 五体投地で巡礼を行う妻。 それを追う現夫と、 病死した前夫との子。 圧倒的なチベットの雄大な大地に 全身投げ出し、牛歩で進む 果てしなく長い巡礼の旅。 暮らしのなかに深い信仰が根付くチ…
コメント:8

続きを読むread more

■青木 亮 展■ 愛知県陶磁美術館

2005年に急逝された陶芸家・青木亮さん 没後15年の今年、愛知県陶磁美術館で 行われる■青木 亮 展■のご案内状が 奥様より届きました。 藤野に工房を構え 一心に陶芸に励む日々を過ごした 青木亮さんの不在は今も惜しまれます。 この展覧会を通して ひとりでも多くの方に 青木亮さんの焼物を見ていただけたら と、…
コメント:4

続きを読むread more

映画■男と女 人生最良の日々■

1966年に制作された映画「男と女」 あれから53年後の同じメンバーで撮影された ■男と女 人生最良の日々■を現在 上映中の渋谷ル・シネマへ。 学生時代に見たアヌーク・エーメの 大人の女性の美しさやファッションに 心躍った映画「男と女」 53年後のアヌーク・エーメに刻まれたしわも、 年齢を重ねた女性の深いヒストリ…
コメント:14

続きを読むread more

■焼きものへ還る■AKI TAMIYA

吉祥寺・SHIZENNヨガでレッスンを受けた後 銀座に向かい、現在■焼きものへ還る■AKI TAMIYA 開催中のGINZA SIX 4FのCIBONE CASEへ。 釉薬を使わず、土と薪を焚く炎、 そして灰が生み出した原始の エネルギーに満ちた焼締のうつわ。 ひとつとして同じもののない それぞれの景色を味わう至福…
コメント:8

続きを読むread more

■アボリジナルアート展■伊勢丹新宿店

「読む」「書く」という文字を持たない オーストラリア・アボリジナルの人々の 砂漠で生きる知恵や情報を伝える手段が アクリル絵の具を得るまではボディペイント。 そのアートに20数年魅了されてきた 内田真弓さんの企画する 伊勢丹新宿店で2月12日より開催される ■アボリジナルアート展■の 案内状が届きました。 2011…
コメント:8

続きを読むread more

映画■写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと■

■永遠のソール・ライター■展を観た翌週 2012年に制作されたドキュメンタリー映画 ■写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと■を 展覧会期間に合わせて上映中の渋谷Bunkamuraル・シネマへ。 50年同じニューヨークの ロウアー・イースト・サイドのアパートメントに住まい その混沌としたアトリエのなか…
コメント:4

続きを読むread more

■泉 さやか 磁器展■新宿・京王百貨店

みぞれ降る藤野から 陶芸家・泉さやかさんの 磁器展開催中の新宿・京王百貨店へ。 2000年頃「芸術の小径」のイベントで 参加していただいた頃からのお付き合い。 日々成長されて・・・ 更なる高みに飛躍されようと努力する姿が 眩しい存在。 静かななかに一本芯の通った陶芸家として 生活のうつわを大切にする姿勢もすばら…
コメント:10

続きを読むread more

■ハマスホイとデンマーク絵画■東京都美術館

午後、友人Oさんと上野公園・スターバックスで待ち合わせ 3時過ぎから東京都美術館で現在開催中の ■ハマスホイとデンマーク絵画■展へ。 2008年、国立西洋美術館で開催された  ■ヴィルヘルム・ハンマースホイ展■から12年 ハマスホイの絵画に再会できる悦び。 ハマスホイの静謐な絵画の前に立つと 自分の内なる静けさに…
コメント:8

続きを読むread more

■ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター■

午前中のヨガレッスンを終え 寒い午後、渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムで 現在開催中の■永遠のソール・ライター■展へ。 ファッション誌「ハーパースバザー」での 写真家として活躍後、突然一線から姿を消し ニューヨークの自宅周辺や パートナーとの生活の写真を2013年に亡くなるまで 撮り続けた写真は数万枚と言わ…
コメント:8

続きを読むread more

■「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展■静嘉堂文庫美術館

朝からみぞれ降る藤野から 世田谷岡本にある静嘉堂文庫美術館で 午後開催の■磁州窯と宋のやきもの展■ 開催初日のブロガー内覧会へ。 中国の陶の歴史を詳しく知らない私たちに 1時間ほどのレクチュアー&トークショー。 150年の歴史を持つ繭山龍泉堂の川島公之氏や この展覧会の学芸員・山田正樹氏の解説 ナビゲーターはTak氏…
コメント:8

続きを読むread more

映画■パラサイト(半地下の家族)■

2019年第72回カンヌ国際映画祭で 韓国映画初となるパルムドールを受賞した 映画■パラサイト■を現在上映中の kino cinema 立川高島屋 S.C.館へ。 ポン・ジュノ 監督映画ははじめて。 スタートからぐいぐいと展開される 物語の凄さに圧倒され 「天国と地獄」のような深刻で深く暗い背景を すさまじいほどのス…
コメント:12

続きを読むread more

■第7回「作用」展■吉祥寺OUTBOUMD

吉祥寺・SHIZENヨガの初レッスンを受け 午後、現在■第7回「作用」展■開催中の 吉祥寺・アウトバウンドへ。 自然素材を中心にした衣料や 生活道具などセンス良く扱う セレクトショップのOUTBOUMDが 年に一度、感性に訴える造形作品を 展示・販売する展覧会。 造り手の熱に浮かされるように・・・ 刺激を受け、…
コメント:10

続きを読むread more

★お正月の風景★藤野から・・・

ことしも家族そろって お正月を迎えました。 孫二人は我が家に滞在し 年末まで忙しかったスケジュールを 藤野でのんびり過ごします。 大型書店でゆっくり本選び それぞれ気に入った本を読んだり 裏山散策をしたり・・・ 藤野の空気を深呼吸。 子供会の獅子舞もわが家にやって来て 元気な太鼓の音と新年のご挨拶 …
コメント:16

続きを読むread more

★あけましておめでとうございます★富士山から…

あけましておめでとうございます。 元旦の朝 まだ復旧していない道志道を避け 中央道を抜け河口湖へ。 富士山の端正な姿が迎え・・・ 手を合わせました。 山中湖は雲がわいて・・・ 三国峠からの富士山も雲のあいだから・・・ 三国峠から見える山中湖の風景 三国峠を降りて・・・…
コメント:14

続きを読むread more