テーマ:展覧会

■GENKYO 横尾忠則■東京都現代美術展

友人と水天宮で待ち合わせ、 ランチを済ませて、現在 ■GENKYO 横尾忠則■展を開催中の 清澄白河・東京都現代美術館へ。 今年85歳、横尾忠則の絵画や 過去のグラフィック作品など… 600点にも及ぶ展示。 近年は聴力を失い激しい耳鳴り、 会話は筆談というなかでも 描き続ける彼のエネルギーに圧倒され 現在描き…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

生誕260年記念企画 特別展■北斎づくし■

秋の虫啼く藤野から 現在■北斎づくし■展 開催中の 六本木ミッドタウンへ。 今年生誕260年の北斎、90歳で亡くなるまで 描き続けた天才・画狂。 50 年かけて1500冊以上の「北斎漫画」を蒐集した コレクター・浦上満氏をはじめとする 北斎狂(?)達によるプロジェクトから 北斎画が躍り出すような・・・ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

■野口哲哉展 ―THIS IS NOT A SAMURAI■群馬県立館林美術館

小雨模様の朝 圏央道を抜け東北自動車道を通り 館林インターを出て 9月5日まで■野口哲哉展■ 開催中の群馬県立館林美術館へ。 多々良沼北東の自然豊かな土地に建つ この美術館の景観も美しく2時間の道のりも 苦になりません。 以前から興味を持っていた 野口哲哉の精緻なアート作品。 どの作品からも鎧を身につ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

■マン・レイと女性たち■渋谷・Bunkamuraザ・ミュージアム

暑い午後 会期終了間際の■マン・レイと女性たち■展、 開催中の渋谷・Bunkamuraザ・ミュージアムへ。 個性豊かな女性を撮ったマンレイの 妥協を許さない構成は今も色あせず 光を放ち・・・ 僅かな作品と名前しか知らなかった マン レイのアーティスト魂に 触れた時間。 ■マン・レイと女性たち■渋谷・Bu…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

■イサム・ノグチ 発見の道■上野・東京都美術館

暑さの戻った午後 8月29日に終了する ■イサム・ノグチ 発見の道■展 開催中の上野・東京都美術館へ。 今回、彼の作品を一挙に見る好機と、 会期終了真近に、あわてて… 花崗岩が好きだったという イサム・ノグチの石の作品から 唯一無二の存在を感じた時間。 いつか、牟礼の庭園美術館を訪ねたい。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

■吹田 千明―悠久の道を巡って■銀座・ギャラリーおかりや

藤野で陶釉舎を運営する 陶芸作家・吹田千明さんから 8月25日より銀座のギャラリーおかりやで 開催される■吹田 千明―悠久の道を巡って■展の ご案内をいただきました。 コロナ下と暑さの夏 懸命に作品制作を続けている吹田千明さん 銀座ギャラリーおかりやでの個展を たのしみに・・・ ■吹田 千明―悠久の道を…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

■アキノヨーコのガラス展■二宮・日 用 美から・・・

明日から台風の予報にあわてて・・・ 圏央道を抜け小田原厚木道路で二宮へ。 現在■アキノヨーコのガラス展■開催中の 丘の上の古民家を改修した「日 用 美」へ。 急な坂道を上ると 小さな古民家。 真鍮の把手を回して、そっと入ると そこは静かで落ち着いた佇まいの空間。 居心地よく、思わず長居。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

■副島泰嗣・微美子 白磁展■丸善・日本橋店

7月21日暑い午後 友人と我が家のお隣・静風舎の 白磁作家、副島泰嗣さんと微美子さんの 日本橋・丸善で開催中の白磁展初日へ。 コロナ下でも弛むことなく 日々白磁作品制作を行ってこられた ご夫妻の渾身をこめた作品展です。 夏空に涼やかな風が抜けて行くような ご夫妻の白磁作品に 会場の空気も爽やかに・・・ …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

写真展■岩合光昭の世界ネコ歩き■東京富士美術館

雨降りの午後 心温まるような展覧会を探して・・・ わが家からも近く 八王子の丘の上、東京富士美術館で開催中の 写真展■岩合光昭の世界ネコ歩き■展へ。 以前時々テレビで観ていた「世界ネコ歩き」 世界の猫たちと会話するように撮影する 岩合光昭さんのあたたかな眼差しが 写真に映し出され、ほっと心休まり、 思わず笑みが浮か…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

■アキノヨーコのガラス展■二宮・日 用 美

ガラス作家。アキノヨーコさんから 相模湾を望む、 山に囲まれた気持ちのいい町、二宮の 「日 用 美」で開催される ■アキノヨーコのガラス展■の案内が届きました。 梅雨の晴れ間に 海を眺めながら訪ねてみたいと願って… ■アキノヨーコのガラス展■二宮・日 用 美 2021年7月18日(日)—20日(火)、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

■ファッション イン ジャパン■ 1945-2020―流行と社会■

梅雨の合間の晴れた午後 現在■ファッション イン ジャパン■展 開催中の乃木坂の国立新美術館へ。 私自身とも重なる1945年から2020年まで 日本のファッション史を多くの マネキンの衣装や資料によって 再現されて・・・ どの時代のファッションも 懐かしく想い出しながら 巡りました。 ■ファッション …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

■テオ・ヤンセン展■山梨県立美術館

以前から興味を持っていた テオ・ヤンセンの作品。 山梨県立美術館で現在開催中。 梅雨入り前の暑い午後 予約を入れ、作品の実演も鑑賞して 生きもののような動きも滑らかな 彼の作品に心惹かれた展覧会。 こちらの美術館はミレーの絵画の収蔵も多く この日もテオ・ヤンセン展のあと ゆっくりと眺めて至福の時。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

■副島泰嗣・微美子・舎人 三人展■ー初夏の景ー

わが家のお隣、白磁工房・静風舎 副島泰嗣・微美子夫妻の白磁と ご次男・舎人さんの金工作品の 三人展のお知らせをいただきました。 コロナ禍でも作品創りに真摯に向き合う ご家族三人の展覧会です。 初夏に似合う白磁や金工のうつわに 涼味あふれます。 会場は新宿高島屋10階 和食器のフロアーです。 どうぞお出かけく…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

■牧野環日本画展ーSangaー■松坂屋名古屋店

日本画家・牧野環さんより 6月9日より松坂屋名古屋店で開催される ■牧野環日本画展ーSangaー■の 美しい冊子が届きました。 コロナ禍で週末は休業となるそうですが 牧野環さんの繊細な作品に久しぶりに 触れる機会になりそうです。 ■牧野環日本画展ーSangaー■松坂屋名古屋店 2021年6月9日(水)…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

■糸で描く物語 刺繍と、絵と、ファッションと■横須賀美術館

午前中の用事を済ませた横浜から、現在 ■糸で描く物語 刺繍と、絵と、ファッションと■展 開催中の観音崎にある横須賀美術館へ。 薄曇りの空と海 久しぶりの海の風景に心躍りながら美術館1階の 海の見えるカフェで潮風に吹かれ一人遅いランチ。 午後の時間を世界各国の刺繍作品を眺め それぞれの先住民たちの祈りの込められた …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

■松岡ようじ ガラス展■青山・うつわ楓

小雨降るなか、 以前八王子のギャラリーで見た ガラス作家・松岡ようじさんの 個展が開催されている青山の「うつわ楓」へ。 今年3月、同じ青山から移転され 一軒家のギャラリーになって ゆったり居心地のいい雰囲気。 松岡ようじさんの しっかりしたフォルムのなかに どこかやすらぐニュアンスの ガラス作品がならび、あれ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

■ 鷹尾葉子&高橋禎彦 展 ■藤野・カフェレストランshu

藤野のカフェレストランshuから 併設する「ギャラリー木星」での 展覧会のお知らせが届きました。 カフェSHUの入口↓ 「カフェレストランShuからのお知らせ 毎年5月の第3土日に開催されていた「藤野ぐるっと陶器市」は 今年も中止になってしまいました。 カフェレストランShuに併設する「ギャラリー木星」では、この時期…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

■芭蕉ガジュマル 印度藍 木木の恵み■展と黒茶屋から…

五月晴れの朝、友人と 現在、■芭蕉ガジュマル 印度藍 木木の恵み■展 開催中のあきる野・真木テキスタイルへ。 竹林からの風も心地よい工房で ガジュマルの樹皮から染められた 力強い赤茶色の糸から織られた布や 水で染めた淡い藍色の布など… どれもため息が出るほどの美しさ。 まるでセミの羽根のよう… …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

■芭蕉ガジュマル 印度藍 木木の恵み■真木テキスタイル竹林shop

東京郊外・秋川を望む高台にある 真木テキスタイルの竹林shopで 4月29日より開催される ■芭蕉ガジュマル 印度藍 木木の恵み■展の お知らせが届きました。 今年1月にインドの真木工房に渡り 素材作りに専念され 今回の竹林ゴールデンウィーク展で ご紹介されるとの便り。 大地に根付いた根気のいる工程を経て 生…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

■モンドリアン展■ 純粋な絵画をもとめて■新宿・SOMPO美術館

小雨降る午後 現在■モンドリアン展■開催中の 新しくなった、新宿・SOMPO美術館へ。 モンドリアンと言えば、 ファッションにも影響を与えた 平面構成の絵画で有名な画家。 その彼の初期の風景画など… 生誕150年を記念したモンドリアンの 軌跡を辿る旅のような展覧会。 ■モンドリアン展■ 純粋な絵画をもと…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

第71回■モダンアート展■上野・東京都美術館

陶芸作家・吹田千明さんより 第71回■モダンアート展■のご招待で 春雨降る朝、上野・東京都美術館へ。 千明さんのお父様、吹田文明氏は 今年93歳の現役版画家。 吹田文明氏の作品『人生羽毛のごとし』は 暗いけれど透明感のある藍色を使ったバックに 白い軽やかな羽根が舞い降りる版画。 今までの作品の華やかな色彩から離れ …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

■LOUIS VUITTON &■東京・原宿jing

こころ疲れたとき、 お見舞いを送ってくれた友人を誘って お礼と気分転換に南青山の静かな住宅街、 大きな窓からの風も心地よい 一軒家のレストランでランチの後 原宿jingで開催中のルイ・ヴィトン展へ。 ■LOUIS VUITTON &■東京・原宿jing 2021年3月19日(金)~5月16日(日) 10:…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

■木と硝子■前田洋 松岡ようじ■展

さくら咲く中、 木工作家・前田洋さんからご案内をいただき ■木と硝子■前田洋 松岡ようじ■展 開催中の八王子のギャラリー・TEN PLUSへ。 木のぬくもりを感じる前田洋さんのうつわ クラシックな趣の松岡ようじさんの硝子 爽やかな季節のテーブルに 心地よい風が吹きそう… ■木と硝子■前田洋 松岡ようじ■展…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

■春招きの器■川村晃弘展■柳橋・ルーサイトギャラリー

雨の降りそうな午後 急に友人を誘って・・・ JR総武線で浅草橋から隅田川に向かって5分ほど 陶芸家・川村晃弘さんよりご案内を受け、 現在■春招きの器■川村晃弘展■開催中の 以前から行きたかったギャラリー&カフェ 東京柳橋・ルーサイトギャラリーへ。 こちらは昭和の流行歌手『市丸(江戸小唄の市丸姐さん)』の 隅田川沿…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

★庭の春とちいさな展覧会★藤野から・・・

シデコブシの蕾がひらいて 淡い桃色の透ける花びらが揺れ ジンチョウゲ香り、春を知らせ 家の周りを囲むように次々に咲き始めた椿 しだれ梅も気づかぬうちに満開。 待ち遠しかった春が藤野にも・・・ シデコブシ ミツマタ 庭先から採ったフキノトウ いつものようにフキノトウで天…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

■写真家ドアノー/音楽/パリ■Bunkamura ザ・ミュージアム

静かな森から風吹く街へ。 現在、■写真家ドアノー/音楽/パリ■展開催中の 渋谷Bunkamuraザ・ミュージアムへ。 いままで、詳しく知らなかった フランス生まれの写真家・ドアノー。 広告写真を主に45万枚ほどの写真を撮影。 ゼラチン・シルバープリントで写し出された モノクロ写真からは、音楽と共に パリの街の…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

■竹林2月のお楽しみ 2021■あきる野・真木テキスタイル

あきる野・真木テキスタイルから 今月20日まで開催中の ■竹林2月のお楽しみ 2021■ 行きたいと思っていながら なかなか行けず、オンラインショップを 開いて楽しんでいます。 ■竹林2月のお楽しみ 2021■ 2021年2月11日(木祝)ー20日(日) 会期中無休 11:00–17:00 竹林Sh…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

■ボタン インスピレーション 15■銀座・ACギャラリー

陶芸作家・吹田千明さんから ご案内を頂いた 45名ほどの作家たちが集う ボタンの展蘭会を開催中の 銀座・ACギャラリーへ。 小さなボタンの世界に夢や物語が広がり 思わず微笑む楽しい時間。 コロナ禍で今回はon-lineでも開催中です。 ■ボタン インスピレーション 15■銀座・ACギャラリー 20…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

開館10周年記念■ホキ美術館ベストコレクション展■

千葉市美術館で田中一村展を観た後、 以前から行ってみたいと願っていた 写実絵画専門の美術館、 千葉・昭和の森に隣接したホキ美術館へ。 平日の午後、 画家の真剣なまなざしが感じられる それぞれの作品と向きあい静かな会話で ひとり至福の時を過ごした贅沢。 開館10周年記念■ホキ美術館ベストコレクション…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

■田中一村展 ■千葉市美術館収蔵全作品

冬の朝、昼食を持ち車を走らせ 現在■田中一村展 ■開催中の 千葉市美術館へ。 子どものころから神童と呼ばれ 画の才能を評価されながら 表舞台には現れず 亡くなった後、ブームが訪れた 田中一村。 奄美の自然の中で描いた作品には 大胆な構図で自生する植物の生命力が 迫る傑作も多く生まれ・・・ その作品群いぜんの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more