テーマ:展覧会

■田中敬史展 焼〆の現代美学■川越・うつわノートギャラリー

川越の築80年の美しい佇まいの洋館 ギャラリーうつわノートで 急きょon-line販売会となった ■田中敬史展 焼〆の現代美学■展 2006年より「うつわノート」ブログを 主宰されていた松本さんのギャラリーです。 一度伺いたいと願いながらまだ足を運べていない ギャラリー。 ■田中敬史展 焼〆の現代美学■川…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

■KANNO TEXTILE+JUJU 2020■on-line展示販売会

新型コロナ緊急事態宣言も長引き ファッション業界もon-lineに移行 厳しい情勢のなか 美しいものを・・・ 3月の展示会に伺った 青梅のKANNO TEXTILEから on-line展示会のお知らせ アジア(主にインド)の手仕事で染められた アジアンテイストの魅力的な布から 風に揺れるワンピースやスカートに…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

■オンラインショップのオープンとGW展■真木テキスタイルから・・・

あきる野の竹林も美しい 真木テキスタイルから ■オンラインGW展■のお知らせが 届きました。 コロナウィルスの影響で あきる野に足を運べない方に朗報です。 ■オンラインショップのオープンとGW展■真木テキスタイルから・・・ 2020年5月1日10:00-5月6日18:00 オンラインアクセス:ht…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

■WEB限定 安部太一×藤崎均 二人展■暮らしのうつわ 花田ウェブサイト 

昨秋、我が家の下の藤野・F'sギャラリーで 作品展示された木工家・藤崎均さん。 その藤崎さんと陶芸家・阿部太一さんとの 二人展が九段・「暮らしのうつわ花田」 ウェブサイトのみで行われます。 この展覧会のために作られたうつわも・・・ いま、この時期に工夫を凝らして開催されるWeb展覧会 左側 安部太一:手前か…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

■BANKSY バンクシー展■天才か反逆者か

寒さの戻った平日の午後 3月15日より■BANKSY バンクシー展■ 開催中の横浜アソビルへ。 この展覧会は時間予約制で開催され 事前に予約チケット購入で入場するシステム。 社会風刺や政治批判などをテーマに 皮肉とユーモアの絡み合った 絶妙な現代アートの旗手、バンクシー。 サザビーのオークションでも 自身の…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

藤村亮太展■Utsuwa Montage■吉祥寺・OUTBOUND

小雨ふる肌寒い午後 現在、藤村亮太展■Utsuwa Montage■ 開催中の吉祥寺・OUTBOUNDへ。 1月の「作用」展にも出展されていた 藤村亮太さんの再生うつわ。 大量生産で生まれたうつわや 役目を終えた陶磁器に 新たな命を吹き込み 魅力的な作品に生まれ変わって… 上野雄次氏の花生けも相まって ひ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

開館10周年記念■画家が見たこども展■三菱一号館美術館

★コロナウィルスの影響で2月28日より3月16日まで臨時休館となります。 小雨ふる夕暮れの丸の内 2月15日から三菱一号館美術館で 開催されている■画家が見たこども展■ 閉館後のブロガー内覧会へ。 1888年から1900年頃のパリで起こった ナビ派画家の描いた子供がテーマの絵。 それまで欧米では聖母子や貴族の肖…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

■青木 亮 展■ 愛知県陶磁美術館

2005年に急逝された陶芸家・青木亮さん 没後15年の今年、愛知県陶磁美術館で 行われる■青木 亮 展■のご案内状が 奥様より届きました。 藤野に工房を構え 一心に陶芸に励む日々を過ごした 青木亮さんの不在は今も惜しまれます。 この展覧会を通して ひとりでも多くの方に 青木亮さんの焼物を見ていただけたら と、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

■焼きものへ還る■AKI TAMIYA

吉祥寺・SHIZENNヨガでレッスンを受けた後 銀座に向かい、現在■焼きものへ還る■AKI TAMIYA 開催中のGINZA SIX 4FのCIBONE CASEへ。 釉薬を使わず、土と薪を焚く炎、 そして灰が生み出した原始の エネルギーに満ちた焼締のうつわ。 ひとつとして同じもののない それぞれの景色を味わう至福…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

■アボリジナルアート展■伊勢丹新宿店

「読む」「書く」という文字を持たない オーストラリア・アボリジナルの人々の 砂漠で生きる知恵や情報を伝える手段が アクリル絵の具を得るまではボディペイント。 そのアートに20数年魅了されてきた 内田真弓さんの企画する 伊勢丹新宿店で2月12日より開催される ■アボリジナルアート展■の 案内状が届きました。 2011…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

■泉 さやか 磁器展■新宿・京王百貨店

みぞれ降る藤野から 陶芸家・泉さやかさんの 磁器展開催中の新宿・京王百貨店へ。 2000年頃「芸術の小径」のイベントで 参加していただいた頃からのお付き合い。 日々成長されて・・・ 更なる高みに飛躍されようと努力する姿が 眩しい存在。 静かななかに一本芯の通った陶芸家として 生活のうつわを大切にする姿勢もすばら…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

■ハマスホイとデンマーク絵画■東京都美術館

午後、友人Oさんと上野公園・スターバックスで待ち合わせ 3時過ぎから東京都美術館で現在開催中の ■ハマスホイとデンマーク絵画■展へ。 2008年、国立西洋美術館で開催された  ■ヴィルヘルム・ハンマースホイ展■から12年 ハマスホイの絵画に再会できる悦び。 ハマスホイの静謐な絵画の前に立つと 自分の内なる静けさに…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

■ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター■

午前中のヨガレッスンを終え 寒い午後、渋谷Bunkamura ザ・ミュージアムで 現在開催中の■永遠のソール・ライター■展へ。 ファッション誌「ハーパースバザー」での 写真家として活躍後、突然一線から姿を消し ニューヨークの自宅周辺や パートナーとの生活の写真を2013年に亡くなるまで 撮り続けた写真は数万枚と言わ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

■「鉅鹿」発見100年― 磁州窯と宋のやきもの展■静嘉堂文庫美術館

朝からみぞれ降る藤野から 世田谷岡本にある静嘉堂文庫美術館で 午後開催の■磁州窯と宋のやきもの展■ 開催初日のブロガー内覧会へ。 中国の陶の歴史を詳しく知らない私たちに 1時間ほどのレクチュアー&トークショー。 150年の歴史を持つ繭山龍泉堂の川島公之氏や この展覧会の学芸員・山田正樹氏の解説 ナビゲーターはTak氏…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

■第7回「作用」展■吉祥寺OUTBOUMD

吉祥寺・SHIZENヨガの初レッスンを受け 午後、現在■第7回「作用」展■開催中の 吉祥寺・アウトバウンドへ。 自然素材を中心にした衣料や 生活道具などセンス良く扱う セレクトショップのOUTBOUMDが 年に一度、感性に訴える造形作品を 展示・販売する展覧会。 造り手の熱に浮かされるように・・・ 刺激を受け、…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

■ミナ ペルホネン/皆川明■ つづく■東京都現代美術館

午前中のヨガレッスンを吉祥寺で終え ■ミナ ペルホネン/皆川明■ つづく■展 開催中の清澄白河にある東京都現代美術館へ。 テキスタイルから丁寧に作り上げられた、 ときに消費されない服や身の回りの小物たち。 北欧のテキスタイルにも通じる 皆川明氏の想いの詰まった展覧会。 若き日、アトリエでテキスタイルデザイン…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

舘鼻則孝展■It’s always the others who die■

週末の歩行者天国の銀座。 舘鼻則孝展■It’s always the others who die■を 現在開催中のPOLA MUSEUM ANNEXへ。 レディ・ガガの履く「ヒールレスシューズ」 で一躍有名になった舘鼻則孝氏。 日本の伝統文化や工芸を取り入れながら 彼独特の表現で精力的に発表 今回すべて新作・…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

■副島舎人オープンアトリエ展■藤野から・・・

■星を編む■東川裕子展■と同時に開催された お隣・金工作家・副島舎人さんのアトリエ オープンハウスへ。 ミニマムなデザインのアトリエ ■副島舎人オープンアトリエ展■ 2019年11月16日〜24日  11時から17時(最終日16時) 今回はテーブルウェアのスタイルで展示 シャンパングラス…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

■星を編む■東川裕子展■藤野から・・・

秋深まった藤野の森。 我が家の下のF's galleyで今日から 開催されている★星を編む★東川裕子展。 黄葉した木々から差し込む光が眩い ギャラりーに置かれた球体の作品から 放たれるゆたかな存在感。 木の輪を繋げて吊るされたオブジェ。 古い金属板に編まれたあやとり 星座標のような作品の数々。 藤崎…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

■マドモアゼル プリヴェ展■ガブリエル シャネルの世界へ

秋晴れの午後3時 予約をして、天王洲アイルの B&C HALLで現在開催中の ■マドモアゼル プリヴェ展■へ。 ココ・シャネルの不屈の精神が宿る ファッションの数々。 女性の体を締め付けた固いコルセット からの解放し、ジャージー素材を 女性のファッションに取り入れた革新など。 彼女のパリ・カンボン通りのアパ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

■印象派からその先へ■世界に誇る吉野石膏コレクション展

日暮れも早く秋深まった夜 丸の内・三菱一号館美術館で現在開催中の ■印象派からその先へ■ 世界に誇る吉野石膏コレクション展■の 美術館閉館後に行われるブロガー内覧会へ。 今回初めて知った吉野石膏コレクション。 印象派の名画の数々、シャガールなどの 近代の画家の作品も収集し山形美術館で展示。 今回はそのコレクシ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

■サラ・ベルナールの世界展■横須賀美術館

9月に予定していた横須賀美術館行き 家族の病気や台風などでのびのびに… 会期終了の迫った26日の夜明け 藤野から渋滞を避け横須賀美術館のある 三浦半島突端の観音崎に向かい、早朝に到着。 30年来の友人と浦賀駅の待ち合わせまで のんびり海を眺めて・・・ 友人を誘って、はじめて入った横須賀美術館 テラスのある「横須賀…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

■副島 舎人 金工展■赤坂のギャラリー&カフェ・ジャローナから・・・

久しぶりの太陽まぶしい午後 ■副島 舎人 金工展■開催中の 赤坂のギャラリー&カフェ・ジャローナへ。 可愛いアクセサリーと一線を画すような 存在感のあるデザインのリングや ピアス。 今回は本棚の片隅に置きたい小さなオブジェも… 副島舎人さんのインスタから↑↓ 会場から・・・ …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

母袋俊也■浮かぶ像 - 絵画の位置■

藤野在住の造形作家・母袋俊也さんより 東京造形大学付属美術館で開催される 母袋俊也■浮かぶ像 ― 絵画の位置■展の ご案内をいただきました。 藤野に暮らすようになり初めて見た1999年制作の 屋外作品『絵画のための見晴らし小屋』 その後も、彼自身のテーマ 「絵画におけるフォーマートと精神性の相関」 を追求し一…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

■副島 舎人 金工展■赤坂・Galler×Cafe Jalona

お隣、副島舎人(soejina toneri)さんより 10月22日から赤坂ジャローナで 行われる展覧会の案内を いただきました。 シンプルでアーティスティックな作品の多い 舎人さんの新作を楽しみに・・・ ■副島 舎人 金工展■赤坂・Galler×Cafe Jalona 2019.10/22(Tue…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2019■手仕事に遊ぶ錦秋■横浜・三渓園

日曜日、小雨模様の早朝 横浜・三渓園で行われた ■手仕事に遊ぶ錦秋■展へ。 開園と同時に入園 まだ人のほとんどいない 三渓園内をゆっくり散歩 庭園内の由緒ある茶室では お茶会も開催され 優雅な着物姿も・・・ 原三渓氏の自邸だった鶴翔閣での 展示会では、きめ細やかな手仕事が 一堂に会して、目移り。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

■バスキア展■MADE IN JAPAN■六本木・森アーツセンターギャラリー

80年代、エネルギッシュな創作活動で 圧倒的な存在感を放ったバスキア。 その日本での大規模な展覧会 ■バスキア展■MADE IN JAPAN■ 開催中の六本木ヒルズ森タワー52階 森アーツセンターギャラリーへ。 今回の展覧会には zozoの前澤友作氏の高額落札で 話題になった作品も魅力にあふれ 輝いています。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

Bunkamura30周年記念■万華鏡展2019■

吉祥寺SHIZENヨガでのレッスンを終え 現在、渋谷・Bunkamuraで開催中の ■万華鏡展2019■へ。 17回目を迎えるこの展覧会 とても人気の展覧会で 平日でもたくさんの人が鑑賞。 藤野のアーティスト傍島飛龍さんも 大きなスペースで独特のオーラを 放って輝いています。 山見浩司 2019年万…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

■嶋田 忠■野生の瞬間■東京都写真美術館

会期終了も迫った平日の午後 鳥類撮影の第一人者の 嶋田忠氏の■野生の瞬間■展 開催中の恵比寿・東京都写真美術館へ。 我が家の森にもたくさんの鳥たちがやってきます。 その鳥の写真を撮りたいと願いながら難しいもの。 その道を究めた写真家・嶋田忠氏の写真からは 様々な野生の鳥たちの美しい色彩と 鋭い視線、ときには心…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

■造形家 川村晃弘■-チニアシツケテソラヲミル-■京都・チニアシツケル

藤野陶器市での初見より 注目していた造形作家・川村晃弘さんから 京都・チニアシツケルでの個展のお知らせが届きました。 空に浮かぶ雲をのんびり眺めたり 窓外の静かにふる雨を見つめたり… 心に広がった空想の世界に導かれるような 川村晃弘さんのうつわ。 京都・三条ちかくの ギャラリー名もユニークな チニアシツケルで開…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more