テーマ:映画

★セントラルパークで朝食を…★

昼過ぎの帰国フライトまでの午前中 サンドイッチとコーヒーをもって ホテルから歩いてすぐの セントラルパークへ。 朝のセントラルパークは 観光客も少なく爽やかな空気 鳥のさえずりを聞きながら・・・ 散歩やランニングの人たちを眺め ゆっくりベンチで朝食。 セントラ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

★ニューヨークから★ヨガ、映画・・・

今回滞在したセントラルパーク近くの ハドソン・ニューヨーク・セントラルパーク ホテルで 初めて迎えた朝は小雨。 ホテルのフロントで こちらのホテルは古い建物をリニューアルした デザイナーズホテル。 少し妖しい雰囲気を残したデザインのホテル テラスから 全体に暗めの部屋で落ち着く。 バ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ドキュメンタリー映画■メットガラ■ドレスをまとった美術館

現在渋谷・Bunkamura、ル・シネマで 上映中のドキュメンタリー映画■メットガラ■へ。 映画「プラダを着た悪魔」のモデル 米ヴォーグ誌編集長アナ・ウィンター主催の メトロポリタン美術館(MET)で行われる 「メットガラ」の華やかなパーティ。 2015年開催の「鏡の中の中国」をテーマに その準備に奔走する…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画■ヨーヨー・マと旅するシルクロード■

冬空に戻った寒さの午後 現在、ドキュメンタリー映画 ■ヨーヨー・マと旅するシルクロード■ 上映中の渋谷Bunkamura ル・シネマへ。 今世紀最高のチェリストと云われる ヨーヨー・マが2000年に立ち上げた 〝シルクロード・アンサンブル″ その活動を通じて異文化をルーツにする 音楽家たちと奏でる音楽から …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画■レオナルド・ダ・ヴィンチ 美と知の迷宮■

午前中、綿本彰先生の ヨガレッスンを受けた後 ドキュメンタリー映画 ■レオナルド・ダヴィンチ 美と知の迷宮■ 上映中のシネスイッチ銀座へ。 イタリア・ルネサンスの巨人 レオナルド・ダ・ヴィンチ その生涯を美しい映像とともに 解説するドキュメンタリー映画 過去何回か日本で開催された 「レオナルド・ダ・ヴ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

アニメーション映画■この世界の片隅に■

クラウドファンディングで 3,374名のサポーターから 39,121,920円の製作費を集めた アニメーション映画■この世界の片隅に■上映中の 立川・シネマシティへ。 昭和19年から終戦の20年夏へかけての 呉に生きる主人公・すずの日常を 丹念に描きながら非情の中にも 営まれる丁寧な暮らしが 全体の淡い…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

映画■聖なる呼吸 ヨガのルーツに出会う旅■

綿本スタジオの吉岡先生から ヨガ哲学とラージャヨーガを学んだ後 現在上映中のドキュメンタリー映画 ■聖なる呼吸 ヨガのルーツに出会う旅■ 上映中の渋谷・アップリンクへ。 個性の強い映画を配給している気骨ある アップリンク50席ほどの映画館の1室 近代ヨガを広めた先人たちの記憶と インドヨガの聖地マイソール…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

■イングリット・バーグマン 愛に生きた女優■

現在、ドキュメンタリー映画 ■イングリット・バーグマン 愛に生きた女優■ 上映中の渋谷Bunkamura ル・シネマへ。 「秋のソナタ」の演技が印象的だった イングリッド・バーグマン。 その実生活にも迫ったドキュメンタリー。 子供たちから見たバーグマン像は、新鮮。 生き生きとして潔い彼女の生き方に 新たに…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ドキュメンタリー映画■ FAKE ■

小雨模様の朝 ドキュメンタリー映画■ FAKE ■ 上映の始まった渋谷ユーロスペースへ。 2014年、ゴーストライター騒動の人 佐村河内守への自宅インタビューで構成された 森達也監督のドキュメンタリー映画。 18年間ゴーストライターだった新垣隆の 某週刊誌への暴露によって表れた真実と 佐村河内守からみた真…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

■永遠のヨギー■ヨガをめぐる奇跡の旅

銀座・綿本ヨガスタジオで朝のレッスンを終え 現在、ドキュメンタリー映画■永遠のヨギー■ 上映中の渋谷・ユーロスペースへ。 平日の午後、満席の会場には 静かな熱気が漂って・・・ ザ・ビートルズ、スティーブ・ジョブスに 影響を与えたヨガの伝道師 ヨガナンダの生涯がひも解かれ 映像から吸い込まれそうなヨガナ…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

映画■グランドフィナーレ■

渋谷・Bunkamuraル・シネマで 現在上映中の映画■グランドフィナーレ■へ。 美しいアルプスの高級リゾートホテルを舞台に 富も名誉も手に入れた老境の音楽家と友人たちとの 哲学的とも思える会話から浮かび上がる孤独や倦怠 イタリアの奇才パオロ・ソレンティーノによって 美しい絵画のような世界が展開され、ヴィスコ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

映画■ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります■

予告編を見たときから気になっていた映画 ■ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります■ 上映中の銀座4丁目・シネスイッチ銀座へ。 モーガン・フリーマン演じる画家と ダイアン・キートン演じるパートナーの 長年の住まい替えをきっかけに起こる さまざまなトラブルから気付くたいせつなこと。 ウッディ・アレン映画でお馴染だ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

ドキュメンタリー映画■創造と神秘のサグラダファミリア■

建築家、アントニ・ガウディが構想し 130年経た今も未完成のスペイン、バルセロナの 教会、サグラダ・ファミリアのドキュメンタリー映画 上映中の恵比寿ガーデンシネマへ。  サグラダ・ファミリアのプロジェクトを支えるスタッフたちの 想いや使命感の熱さに羨望を感じるほど。 とくに、日本人彫刻家の外尾悦郎氏のインタビ…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

■ヴィヴィアン・マイヤーを探して■シアター・イメージ・フォーラム

予告を見た時から楽しみに待っていた ドキュメンタリー映画 ■ヴィヴィアン・マイヤーを探して■ 上映中のシアター・イメージ・フォーラムへ。 15万点もの写真を 生涯一度も発表せず シカゴのオークションで 若者に落札され世に出た ヴィヴィアン・マイヤー。 その彼女の謎を落札した ジョン・マルーフによって …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

■ボリショイ・バビロン■華麗なるバレエの舞台裏

2013年、ボリショイ・バレエ団 芸術監督襲撃事件から2年 世界三大バレエ団の舞台裏を描いた ドキュメンタリー映画 ■ボリショイ・バビロン■上映中の 渋谷・ル・シネマへ。 厳しい鍛錬の中、身体をバレエにささげる ダンサーたちの苦悩や嫉妬、そして喜び ロシア政府にとっても大事なシンボル ボリショイ・バレエ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画■花萩先生と三太■&絵本展■いまきみち 西村繁男 てづくり絵本の仲間たち■

8月30日お隣、相模湖交流センターで行われた 60年前の映画■花萩先生と三太■上映会へ。 かつての津久井地域を舞台にした児童文学で ラジオで知られた「三太物語」の映画化。 ロケの舞台が相模湖と藤野。 映画の小学校は藤野の日連小学校 当時の学校の様子や民家の茅葺屋根も 昭和30年頃の様子を伝えて、興味深く …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

フリーダ・カーロの遺品■石内都、織るように

メキシコを代表する女性画家、フリーダ・カーロ 死後50年を経て、開けられた彼女の遺品数百点を 撮影した日本人写真家・石内都を見つめたドキュメンタリー映画 ■フリーダ・カーロの遺品■石内都、織るように■上映中の 渋谷・シアター・イメージフォーラムへ。 幼いころの小児まひ、さらに交通事故で体中に傷を負ったフリーダ・カー…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

■セバスチャン・サルガド■地球へのラブレター

1944年父親の経営するブラジル農園生まれ ユージン・スミス賞など数々の受賞歴 いまも世界のカメラマンに影響を与え続けている 報道写真家で環境活動家のセバスチャン・サルガド そのサルガドを敬愛する映画監督ヴィム・ヴェンダースが サルガドの長男である、映画作家 ジュリアーノ・リベイロ・サルガドの協力のもと 送り出…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

映画■アリスのままで■

若年性アルツハイマー病の主人公を描いた アメリカのベストセラー小説 リサ・ジェノヴァ原作 「Still Alice」を映画化した ■アリスのままで■を現在上映中の 渋谷シネパレスへ。 主演の50歳の言語学者アリスを演じた ジュリアン・ムーアのリアルな演技に 時間軸とともに進行する病を自分事のように 感情移入…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

映画■ターナー、光に愛を求めて■

日本で何度か展覧会が開かれている  英国最高峰の画家、ターナーの生涯を描いた 映画■ターナー、光に愛を求めて■を 上映中の渋谷Bunkamura ル・シネマへ。 若くして名声を得 各地にスケッチ旅行を続けながら 生涯、風景画を描いたターナー 女性に対して歪んだ関係しか結べない 彼の生きにくさと相反する …
トラックバック:1
コメント:10

続きを読むread more

映画■ジェームス・ブラウン~最高の魂を持つ男■

現在、■ジェームス・ブラウン~最高の魂を持つ男■ 上映中の角川シネマ有楽町へ。 「キング・オブ・ソウル」とうたわれた天才歌手 ジェームス・ブラウン。 貧しいアメリカ南部の家に生まれ、両親に捨てられた 少年時代から、才能を開花させ成功した彼のライブまで JB役のチャドウィック・ボーズマンの熱演で 同じ時間を生…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

ドキュメンタリー映画■ディオールと私■

現在、渋谷Bunkamura ル・シネマで 上映中のドキュメンタリー映画 ■ディオールと私■へ。 1947年、ウエストが細く括れたニュールックで 世界を席巻させたディオール。 ディオールの早世でその後イヴ・サンローラン マルク・ボアン、ジャンフランコ・フェレ、 ジョン・ガリアーノと続き、2011年ガリアーノ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画■日本と原発■相模湖交流センター

現在、シネマート六本木や2月には渋谷ユーロライブで 有料試写会や自主イベントとして上映されている 映画■日本と原発■が2月15日、相模湖交流センターでも 開催されます。 この映画は辣腕弁護士として名高い河合弘之氏が 丸二年の歳月をかけて自分の眼と耳で確かめた真実を 伝える内容。 もうすぐ四年が経とうとしてい…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

映画■ナショナル・ギャラリー 英国の至宝■

1月17日から劇場公開の始まった ドキュメンタリー映画 ■ナショナル・ギャラリー 英国の至宝■ 上映中の渋谷・Bunkamura ル・シネマへ。 巨匠フレデリック・ワイズマンの手によって 見事に明らかにされて行くナショナル・ギャラリーの裏側 学芸員たちの卓越した知識に基づいた名解説や 美術館内の絵画修復や額…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ドキュメンタリー映画■アルゲリッチ 私こそ、音楽!■

マルタ・アルゲリッチのピアノの音色を知らず ル・シネマの予告編で気にかかり観た ドキュメンタリー映画■アルゲリッチ 私こそ、音楽!■ 子どものころから才能を発揮し 世界的ピアニストとして知られる マルタ・アルゲリッチの素顔に迫った ドキュメンタリー映画。 三女ステファニー・アルゲリッチが 監督をつとめた…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

映画■グレート・ビューティー 追憶のローマ■

現在、渋谷・Bunkamura ル・シネマで 上映中の映画■グレート・ビューティー 追憶のローマ■ 享楽的で空虚な生活を送る65歳の ジャーナリストの虚無感を道連れに 現代のローマ遺跡とともに巡る ゴージャスな時間 現代のフェリーニと言われ、 すでに巨匠の域に達した パオロ・ソレンティーノ監督作品 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画■イヴ・サンローラン■

朝から銀座綿本スタジオでヨガの後 友人と待ち合わせして遅い昼食。 現在、角川シネマ有楽町で上映中の 映画■イヴ・サンローラン■を観賞。 天才と誰もが認めたイヴ・サンローランの 栄光とその繊細な神経ゆえに、ある影の部分。 恋人でビジネスパートナーだった ピエール・ベルジェの目線を通して 描かれた伝記。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

映画■パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト■

現在、映画■パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト■を 上映中の渋谷・Bukamura、ルシネマへ。 いま欧米で最も人気のあるバイオリニスト デイヴィット・ギャレットが狂気の天才 パガニーニに扮して弾くストラディヴァリウスの音色に 酔いしれる2時間。 モデルでもあるセクシーな デイヴィット・ギャレットはパガ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

映画■ブルー・ジャスミン■

現在、上映中の ウッディ・アレン監督、最新作品 映画■ブルー・ジャスミン■ 今年のアカデミー賞主演女優賞を獲得した ケイト・ブランシェットの演技も光って… ニューヨーク・セレブ妻から、転落したジャスミンの心の闇や 葛藤、対照的な暮らしをするロスでの妹との暮らしから 見えてくる二人の生い立ち。 虚栄の中で生きる…
トラックバック:1
コメント:4

続きを読むread more

映画■家族の灯り■岩波ホール

岩波ホール40周年記念作品 ■家族の灯り■を上映中の 岩波ホールへ。 先年亡くなられた高野悦子さんと 川喜多かしこさんが立ち上げた 「エキブ・ド・シネマ」40周年。 世界中から名作を探し出し上映。 私も幾度となく観てきた岩波ホール。 今回選ばれた作品は 1908年ポルトガル生まれの マノエル・ド・オリ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more