★春探し★湯河原梅林から・・・

風は冷たくとも、春の光降りそそぐ朝 圏央道を抜け厚木小田原道路を走り、 途中冠雪も美しい富士山や キラキラ光を受けた相模湾を眺め 東京から電車で来る30数年来の友人と 湯河原駅で待ち合わせ。 湯河原駅から車で15分ほど走って標高626m幕山(まくやま)の梅林へ。 まだ蕾も多い5分咲きの梅が幕山の側面に広がって …
コメント:4

続きを読むread more

■竹林2月のお楽しみ 2021■あきる野・真木テキスタイル

あきる野・真木テキスタイルから 今月20日まで開催中の ■竹林2月のお楽しみ 2021■ 行きたいと思っていながら なかなか行けず、オンラインショップを 開いて楽しんでいます。 ■竹林2月のお楽しみ 2021■ 2021年2月11日(木祝)ー20日(日) 会期中無休 11:00–17:00 竹林Sh…
コメント:2

続きを読むread more

ルーブル美術館の夜■ダ・ヴィンチ没後500年展■渋谷 ル・シネマ

平日の午後 渋谷Bunkamura ル・シネマで上映された ルーブル美術館の夜■ダ・ヴィンチ没後500年展■へ。 2019年から2020年にかけて開催されたこの大規模展覧会を 真夜中に撮影されたドキュメンタリー映画。 かつてルーブル美術館で何回か観たダ・ヴィンチの絵画や 2013年に都美術館で観た ■レオナルド・ダ…
コメント:6

続きを読むread more

★夏ミカンのピールチョコ★藤野から・・・

もうすぐヴァレンタインデー。 今年は友人たちにも会えずちょっと寂しいけれど 手作りチョコを贈ります。 また笑顔で会える日を楽しみに・・・ 今年はちょっとやわらかめとすこしかためのピールチョコを 2回に分けて作りました。 友人のお好みに合わせて届けます。
コメント:6

続きを読むread more

■ボタン インスピレーション 15■銀座・ACギャラリー

陶芸作家・吹田千明さんから ご案内を頂いた 45名ほどの作家たちが集う ボタンの展蘭会を開催中の 銀座・ACギャラリーへ。 小さなボタンの世界に夢や物語が広がり 思わず微笑む楽しい時間。 コロナ禍で今回はon-lineでも開催中です。 ■ボタン インスピレーション 15■銀座・ACギャラリー 20…
コメント:12

続きを読むread more

開館10周年記念■ホキ美術館ベストコレクション展■

千葉市美術館で田中一村展を観た後、 以前から行ってみたいと願っていた 写実絵画専門の美術館、 千葉・昭和の森に隣接したホキ美術館へ。 平日の午後、 画家の真剣なまなざしが感じられる それぞれの作品と向きあい静かな会話で ひとり至福の時を過ごした贅沢。 開館10周年記念■ホキ美術館ベストコレクション…
コメント:10

続きを読むread more

■田中一村展 ■千葉市美術館収蔵全作品

冬の朝、昼食を持ち車を走らせ 現在■田中一村展 ■開催中の 千葉市美術館へ。 子どものころから神童と呼ばれ 画の才能を評価されながら 表舞台には現れず 亡くなった後、ブームが訪れた 田中一村。 奄美の自然の中で描いた作品には 大胆な構図で自生する植物の生命力が 迫る傑作も多く生まれ・・・ その作品群いぜんの…
コメント:6

続きを読むread more

■多摩美の版画、50年 展■多摩美術大学美術館

寒さの午後、 現在■多摩美の版画、50年 展■開催中の 多摩美大学美術館へ。 私が在学中にはなかった多摩美術大学版画科。 設置から50年を迎えた2020年を記念して開催された展覧会。 吹田文明氏をはじめ 池田満寿夫、山本容子 靉嘔 AY-O (アイオー) 横尾忠則など・・・ 多彩な作家たちの作品が展示され …
コメント:4

続きを読むread more

『おすしやさんにいらっしゃい!生きものが食べものになるまで』

昨年9月に伺った■酢飯屋■岡田さんより 写真絵本 『おすしやさんにいらっしゃい!生きものが食べものになるまで』 出版のお知らせが届きました。 お魚とお寿司をこよなく愛する岡田さんだから 子どもたちにも楽しく読んでもらえる絵本を・・・との 想いの込められた一冊。 2020年は日々変化する世の状況下で、様々な…
コメント:10

続きを読むread more

■ミレーから印象派への流れ展■ヨコハマそごう美術館

母の用事で横浜に行き 帰りに寄ったそごう美術館で現在開催中の ■ミレーから印象派への流れ展■へ。 山梨美術館や美術展で 目にしていたミレーの絵画。 今回は、イギリスの国立ウェールズ美術館や フランスのトマ=アンリ美術館などから バルビゾン派や印象派の所蔵作品約70点を展示。 静かな会場でミレーの大地に根付いて生き…
コメント:2

続きを読むread more

☆あけましておめでとうございます☆富士山から・・・

あけましておめでとうございます 冷たい風吹く元旦。 午後からいつもの道志道を抜けて 富士山詣で。 富士山はいつものようにそこに在って 静かに見守っているよう。 パノラマ台から 冬の日は短くて あわてて、河口湖へ。 逆光でシルエットの富士山に向かって合掌。 2021年が希望の年で…
コメント:16

続きを読むread more

★大晦日のヨガ★綿本彰

コロナに翻弄された2020年 自粛期間から受け始めたon-lineヨガレッスンで おだやかな気持ちを取り戻し、その後 私も生徒さんに向けてon-lineヨガをスタート 皆と共有したヨガ時間を大切に・・・ これからもヨガのある暮らしを続けて行こうと願って。 大晦日の夜は私の師・綿本彰先生のデトックスヨガ参加で この1年を…
コメント:0

続きを読むread more

J-WAVE ■TOKYO GUITAR JAMBOREE 2020 RETURNS■

27日、今年最後のヨガレッスンを終え 午後から久しぶりにひと休み J-WAVE主宰の東京ギタージャンボリー2020リターン の国技館ライブ配信を自宅で鑑賞。 ハナレグミの唄う《Don't Think Twice, It's All Right》 オリジナルのボブ・ディランとは違ったニュアンスが 印象的で自分に「くよく…
コメント:2

続きを読むread more

★2020クリスマスヨガ★カナダから・・・

以前10年以上ヨガを教えていただいていた小野順子先生。 現在カナダ在住で、Zoomを使った 無料on-lineクリスマス・イブ朝ヨガレッスンを 開催され私も喜んで参加。 久しぶりに先生のインストラクションの声が懐かしく響く朝。 世界中がコロナで閉塞しているときに インターネットを通じて出逢えるしあわせ。 メリークリ…
コメント:10

続きを読むread more

ドキュメンタリー映画■ヘルムート・ニュートンと12人の女たち■

寒さの朝、久しぶりに電車に乗り ドキュメンタリー映画 ■ヘルムート・ニュートンと12人の女たち■ 上映中の渋谷Bunkamuraル・シネマへ。 かつて、各国のヴォーグを定期購読して ヘルムート・ニュートンの強烈な写真を見ていた私。 モデルをオブジェのように扱うさまを ちょっと不思議な違和感を持って眺め それでも惹…
コメント:4

続きを読むread more

■舟越 桂 私の中にある泉■渋谷区立松涛美術館

真冬の寒さの午後、 渋谷の雑踏を抜け静かな住宅街のなか、 人物の木彫刻作品で知られる 船越桂の作品展が開催されている 渋谷区立松涛美術館へ。 天童荒太「永遠の仔」などの 小説の装丁にも使われたり・・・ 独特の世界観で魅了する船越桂の作品。 今回は最初期の函館トラピスト修道院から 依頼された《聖母子像のための試作…
コメント:4

続きを読むread more

■東京・バルセロナ コンテンポラリージュエリー展■

12月14日から銀座・ACギャラリーで ジュエリーデザイナー・副島舎人さんが参加される ■東京・バルセロナ コンテンポラリージュエリー展■の お知らせをいただきました。 東京とバルセロナで活躍する気鋭の作家たちの コンテンポラリージュエリーを紹介する合同展。 2021年にはバルセロナのジュエリーウィーク “JOVA…
コメント:2

続きを読むread more

★クリスマスリース2020★藤野から・・・

森のコナラの葉も落ちて・・・ 寒さの厳しい冬の訪れ。 新型コロナの影響で 山に向かえなかったことし、 それでも富士山麓で見つけた 薔薇のようなヒマラヤスギの実や 苔の森の小さな松の実、庭のユリの実などにサンキライや 清里フラワーフォーレナのドライフラワーで クリスマスリースを作り。 クジャクヒバやヒムロスギやコ…
コメント:8

続きを読むread more

1894Visions■ルドン、ロートレック展■三菱一号館美術館

三菱一号館美術館で 現在開催中の■ルドン、ロートレック展■ 後期開催日の閉館後行われた ブロガー特別内覧会へ。 三密を避けるため学芸員による ギャラリートークも中止し 各自で静かに鑑賞するスタイルに。 今回、ルドンの作品が充実し とくに岐阜美術館所蔵の ルドンのモノクロ作品は初めて観るものばかり。 エッチング…
コメント:6

続きを読むread more

★藤野の秋★

我が家の庭も秋深まり コナラの葉が舞いドングリも降り落ちて 森の生き物たちにも嬉しい実りの秋。 コロナ禍で半年会えなかった 高齢の母のもとへ通う日々。 庭に咲く山茶花の花たちに なぐさめられています。 近所の秋山川から・・・ 南側の庭の崖にも秋 奥はコナラの大木 家の周りに植えたサザンカが それ…
コメント:8

続きを読むread more