■ジャム・セッション 石橋財団コレクション×森村泰昌■ M式「海の幸」ー森村泰昌 ワタシガタリの神話

現在、■M式「海の幸」ー森村泰昌 ワタシガタリの神話■展 開催中の京橋・アーティゾン美術館へ。 森村は1985年にゴッホの自画像に扮する セルフ・ポートレイト作品を制作して以来、 絵画の人物になりきる作品で評価を受けた画家。 そのすさまじいほどの執念とも言えそうな 迫力で、青木繁の代表作「海の幸」に なり切ります。 …
コメント:6

続きを読むread more

★イチジクのジャム★藤野から・・・

秋も深まった藤野です。 先週、藤野のイチジク農園の石井さんより 雨に打たれて割れてしまった 4キロのイチジクを分けていただき 早速イチジクジャムを作りました。 水分の多いイチジクをあおるように 皮の汁も入れながら炊いて・・・ 甘さ抑え目のイチジクジャムができました。 毎日通る弁天橋から日連橋を眺めて… 家か…
コメント:8

続きを読むread more

■秋日ひづれ散歩径■藤野から・・・

コロナ渦も少し穏やかな方向に… 毎年行われていた秋のイベントも 規模を小さくして開催中です。 JR藤野駅からも徒歩でお散歩できる ■秋日ひづれ散歩径■へ。 日曜日の午後 ★工房艸へ・・・ 木下純子さんの柿渋染めの作品など↓ 木のまな板↓ 手描きの草花が美しいドレス↓ 藍染のスカーフやシャツ…
コメント:4

続きを読むread more

■みてぐら – 繊維と人と祈りのかたち –■辛島 綾

長谷川奈津さんの個展会場・西麻布の 桃居から歩いて20分ほど、 南青山・LIGHT BOX GALLERY AOYAMAで 開催初日を迎えた ■みてぐら – 繊維と人と祈りのかたち –■辛島 綾■展へ。 織から折形などの研究をはじめ 人と繊維の関係を探求する辛島綾さん。 祈りを込めた一織一折から 伝わるその神聖な感覚…
コメント:6

続きを読むread more

■長谷川奈津 陶展■西麻布・桃居

爽やかな秋晴れの朝 相模湖でのヨガレッスンを終え 午後から東京・西麻布の桃居で 開催初日の■長谷川奈津 陶展■へ。 新しい藤野の窯で焼いた奈津さんのうつわ。 凛とした佇まいのなかにも ほんのり柔らかな雰囲気も加わり 優しい気持ちに・・・ 割ってしまったお茶碗の新しい顔を我が家に。 ■長谷川奈津 陶展…
コメント:2

続きを読むread more

■手仕事に遊ぶ錦秋 No5■横浜・三渓園鶴翔閣

爽やかな秋晴れの朝 友人を誘って、横浜中区の三渓園・鶴翔閣で 開催された、今年で5回目の ■手仕事に遊ぶ錦秋 No5■展へ。 初日の金曜日は午後からの開催で 入り口で少し待って、入場。 鶴翔閣の雰囲気に合わせた 和の工芸やアートも美しく 着物姿の多い会場です。 顔なじみの作家さんと談笑したり 若い作家さん…
コメント:8

続きを読むread more

イスラエル博物館所蔵■印象派・光の系譜■モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン展

寒い夕暮れ、 現在、イスラエル博物館所蔵■印象派・光の系譜■ モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン展開催中の 丸の内・三菱一号館美術館で10月21日に行われた ブロガー内覧会へ。 日本で初めてイスラエル博物館所蔵の 印象派の名品がそろった見応え十分の展覧会。 バルビゾン派のコロ―の風景画も多く感動的で、 モネ、ルノアー…
コメント:4

続きを読むread more

★秋の庭★藤野から・・・

急に寒くなって・・・ 庭のシュウメイギクは花びら散らし ツワブキの花開き、 ノコンギクも小さな薄紫色の花を 咲かせています。 南側の崖には自生するススキの 揺れる穂を眺めて、秋を満喫。 2年ぶりに雨の中 目黒から息子一家が我が家に・・・ 午後遅くなって雨も止み 冷たい空気の中で焚火や 裏山散歩。 ↑八…
コメント:4

続きを読むread more

■和田誠展■東京オペラシティ アートギャラリー

デザイン科の10年先輩・和田誠。 彼の集大成展を開催中の 初台・東京オペラシティ アートギャラリーへ。 大学時代に日宣美賞を得て話題になり 当時デザイナーを目指す人たち憧れの ライトパブリシティに入社。 83歳で亡くなるまで膨大で様々な 作品を生み出し親しまれた和田誠の 深い洞察力とシンプルな表現に 普遍性を感…
コメント:4

続きを読むread more

★秋を探しに・・・★山梨県北杜市清里から

夏の陽気を思わせる快晴の朝、思い立って ひとり中央道を抜けて山梨県北杜市清里の 清里テラスへ。 家から約2時間ほどのドライブで 清里のリフト乗り場に到着。 約10分パノラマリフトに乗り 1900mの見晴らしのいい 清里テラスに到着。 心地のいいソファが用意され すこし黄葉の始まった風景を眺めながら 天空のカフ…
コメント:10

続きを読むread more

■歌謡ポップスチャンネル『Augusta Camp 2021』■BS11

いつもJ-WAVEで聴いている ミュージシャンの山崎まさよしや 秦 基博、さかいゆう、 竹原ピストル、スキマスイッチなどを擁する オフィスオーガスタの年に一度の祭典。 オーガスタキャンプ2021が今年は配信ライブ。 私も午後から夜中まで聴き続けた長丁場で 家でソファに座ってゆったりと音楽三昧。 音楽の力で心がすこし解…
コメント:2

続きを読むread more

■“パラボラ・ドリーマー”■ 高橋まき子 個展

友人と銀座で待ち合わせ。 ランチの後、パートドヴェールの造形作家 高橋まき子さんの個展 ■“パラボラ・ドリーマー”■開催中の 銀座7丁目の石川画廊へ。 高橋まき子さんの夢の贈り物、 パートドヴェールの技法を用いた 幻想生物がひそやかに進化して・・・ 美しい物語が立ち現れました。 ■“パラボラ・ドリーマー…
コメント:2

続きを読むread more

安野光雅 追悼■洛中洛外と京都御苑の花■展

若い友人と久しぶりに横浜でランチ 時折小雨が降ったり、青空見えたり 忙しいお天気の中、平日で人の少ない 山下公園を散歩したり元町散策も。 帰りに■安野光雅 追悼 ■洛中洛外と京都御苑の花■展を 開催中の横浜高島屋へ。 彼のやさしい眼差しあふれる水彩画展。 画に添えられたメッセージには 子どもの頃の想い出や 描…
コメント:6

続きを読むread more

■GENKYO 横尾忠則■東京都現代美術展

友人と水天宮で待ち合わせ、 ランチを済ませて、現在 ■GENKYO 横尾忠則■展を開催中の 清澄白河・東京都現代美術館へ。 今年85歳、横尾忠則の絵画や 過去のグラフィック作品など… 600点にも及ぶ展示。 近年は聴力を失い激しい耳鳴り、 会話は筆談というなかでも 描き続ける彼のエネルギーに圧倒され 現在描き…
コメント:6

続きを読むread more

生誕260年記念企画 特別展■北斎づくし■

秋の虫啼く藤野から 現在■北斎づくし■展 開催中の 六本木ミッドタウンへ。 今年生誕260年の北斎、90歳で亡くなるまで 描き続けた天才・画狂。 50 年かけて1500冊以上の「北斎漫画」を蒐集した コレクター・浦上満氏をはじめとする 北斎狂(?)達によるプロジェクトから 北斎画が躍り出すような・・・ …
コメント:2

続きを読むread more

■野口哲哉展 ―THIS IS NOT A SAMURAI■群馬県立館林美術館

小雨模様の朝 圏央道を抜け東北自動車道を通り 館林インターを出て 9月5日まで■野口哲哉展■ 開催中の群馬県立館林美術館へ。 多々良沼北東の自然豊かな土地に建つ この美術館の景観も美しく2時間の道のりも 苦になりません。 以前から興味を持っていた 野口哲哉の精緻なアート作品。 どの作品からも鎧を身につ…
コメント:6

続きを読むread more

■マン・レイと女性たち■渋谷・Bunkamuraザ・ミュージアム

暑い午後 会期終了間際の■マン・レイと女性たち■展、 開催中の渋谷・Bunkamuraザ・ミュージアムへ。 個性豊かな女性を撮ったマンレイの 妥協を許さない構成は今も色あせず 光を放ち・・・ 僅かな作品と名前しか知らなかった マン レイのアーティスト魂に 触れた時間。 ■マン・レイと女性たち■渋谷・Bu…
コメント:2

続きを読むread more

■イサム・ノグチ 発見の道■上野・東京都美術館

暑さの戻った午後 8月29日に終了する ■イサム・ノグチ 発見の道■展 開催中の上野・東京都美術館へ。 今回、彼の作品を一挙に見る好機と、 会期終了真近に、あわてて… 花崗岩が好きだったという イサム・ノグチの石の作品から 唯一無二の存在を感じた時間。 いつか、牟礼の庭園美術館を訪ねたい。 …
コメント:4

続きを読むread more

映画■ココ・シャネル 時代と闘った女■

雨降る中 現在ドキュメンタリー映画 ■ココ・シャネル 時代と闘った女■上映中の Bunkamura ル・シネマへ。 これまでもココシャネルを主題にした 映画は何本も制作されましたが 今回は55分という短い時間の中に 彼女の強烈な人生が詰め込まれ、 貧しかった子ども時代の履歴など 彼女が脚色していた部分にも踏み込…
コメント:4

続きを読むread more

★御岳山のレンゲショウマ★東京都・青梅市から・・・

暑さの続く午後 圏央道を抜けて青梅市にある 標高929m、御岳山へ。 勾配25度の急傾斜を上るケーブルカ―で 御岳山駅へ。 御岳山駅から眺めた夏の風景 御岳山駅から歩いて この時期の夏の花、レンゲショウマに逢いに… 御岳山はレンゲショウマの群生地。 急傾斜の林床に首を傾げたような 小さな花を吊り下…
コメント:6

続きを読むread more