★冬の入り口


波にうねりの残る朝の海。
モノトーンの風景が広がって・・・

何をするでもなく、ただじっと眺める海。

もうすぐ冬。


海






海






飛び立つ






白鷺

夕日に照らされて飛ぶシラサギ(白鷺)





夕暮れの海 

静かに暮れてゆく海。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2008年11月12日 08:30
komichiさんの海photo・・
何だか新鮮ですね。
私が暮らしている場所には海がないので
時々、こんな景色を日常見ておられる方が
とっても羨ましくなります。
空気が清んでますね。
冬、近し!です!
2008年11月12日 09:07
素敵な海! 海って人の心を揺さぶりますね。
冬の海も、夕暮れの海も、何故か悲しく見える。
冬の海、雪景色は「砂の器」を思い出します。和賀英良の切ない気持も。…関係のない話ですみません。
2008年11月12日 09:12
冬の入る前のしずかな海ですね。夕日が映える海の波がひかっています。晩秋の海にちょっぴりとさびしさがあります。
komichi
2008年11月12日 13:08
miu*さん、こんにちわ。
こちらは急に寒くなり、冬の気配になりました。
我が家のあたりも海は遠いのですけど、早朝から出かけています。青い海も綺麗ですけど、今頃の曇った日の海も好きです♪
そちらも秋深し・・・の様子。
ちょっと人恋しい季節でもありますね~~。
komichi
2008年11月12日 13:12
木の葉さん、こんにちわ。
いつもは森の中で山の木々を眺めて暮らしていますが、時々こうしてゆっくり海を眺めるのも好きで、出かけてゆきます。
風景に同じ瞬間はなく・・・いつ眺めても飽きることがありません。。
「砂の器」もうだいぶ前に読んで、あの独特の世界が思い出されました。
komichi
2008年11月12日 13:15
森の生活さん、こんにちわ。
この日は一日何となくブルーグレーの海でしたが、夕暮れ時、雲のはずれから夕焼けが少しだけしました。。
そちらはぐっと冷え込んでいることでしょう。。
もんもんとももちゃん
2008年11月12日 19:46
海は全てを受け入れてくれる,波が洗い流してくれる,そんな気がします。白いシラサギが夕日に照らされてオレンジ色で,これからお家に帰るところなんでしょうね!
komichi
2008年11月12日 21:43
もんもんとももちゃんさん、こんばんわ。
寒くなってきました。
夏、潜っていた海もすっかり冷たくなりました。
ちょっと寂しいような気持ちになります。。
2008年11月14日 20:25
そちらの海は穏やかそうですね。
すべてのお写真が、とても冬の入り口とは思えません。
komichi
2008年11月14日 21:51
ハーモニーさん、こんばんわ。
夏に泳いだりしていた海も冷たくなって・・・もうただ眺めるだけです。。 それでも森の中とは違った穏やかな気持ちにさせてくれる海も好きです♪
夕焼けはいつでも暖かな印象になりますね。。
2008年11月16日 22:43
海は広いな、大きいな!っていう感じです。
実にゆったりとした時間が過ぎていくようです。
瀬戸内海沿岸育ちの亀さんにとって、水平線は憧れです。
komichi
2008年11月16日 23:29
亀さん、こんばんわ。
瀬戸内海沿岸のご出身でしたか・・・。森もいいですけど、海の広がりも気持ちがゆったりしてきますね~~♪

この記事へのトラックバック