芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■山梨県立美術館■ミレー館

<<   作成日時 : 2009/07/24 22:21   >>

トラックバック 0 / コメント 18



戻り梅雨のような毎日、薄日の差す午後■山梨県立美術館■へ。
甲府市・芸術の森公園の中の美術館。
ジャン=フランソワ・ミレーの作品収蔵でも有名なこの美術館に、
今年1月、新にミレー館も誕生し、ミレー作品やバルビゾン派の作品が
観やすく雰囲気もよくなりました。

会期の限られた展覧会と違い、いつでも好きな作品に出会える美術館は貴重です。



09-7羊飼い
ジャン=フランソワ・ミレー《夕暮れに羊を連れ帰る羊飼い》1857-60年 油彩・板
ミレーの描く羊飼いが私には預言者のようにも見えて・・・




09-7ミレー落穂拾い、夏
ジャン=フランソワ・ミレー《落穂拾い、夏》1853年 油彩・麻布
オルセー美術館にあるミレーの《落穂拾い》に比べて構成も単純化された作品です。




09-7ミレー肖像
ジャン=フランソワ・ミレー《ポーリーヌ・V・オノの肖像》1841−42頃 油彩・麻布
ミレーの最初の奥さんの肖像画。病気で亡くなり、3年の結婚生活だったとか・・・







09-7ミレー眠れるお針子
ジャン=フランソワ・ミレー《眠れるお針子》1844−45年 
ミレーの二度目の奥さんがモデルになった絵といわれています。





09-7ミレー種をまく人
ジャン=フランソワ・ミレー《種をまく人》1850年 油彩・麻布
農夫の逞しさや、大地の揺るぎなさまでも暗い画面の中から伝わってきます。





09-7ヂュプレ
ジュール・デュプレ《海景》
ミレーと同時代バルビゾン派デュプレの作品。




09-7コロー
ジャン=パティスト・カミーユ・コロー《大農園》1860−65年頃
ミレーと同じバルビゾン派コローの風景作品。
コローの詩情ゆたかな世界が白樺の繊細な筆使いにも現れて・・・






★山梨県立美術館
09-7山梨県立美術館1
http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp/
〒400-0065 山梨県甲府市貢川1-4-27
TEL:055-228-3322
FAX:055-228-3324


09-7カフェテラス
美術館に併設されたカフェも・・・



09-7公園

美術館前に広がるよく整備された公園。

09-7公園






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
ミレーは超有名な画家なのに、このような素晴らしい作品が山梨県にあったとは知りませんでした。おっしゃるように、期間限定と違い、いつでも会えるという貴重な美術館ですね。
バルビゾン派というのですか、他の方の風景画もなかなか良い作品です。素敵な美術館に行かれましたね。
庭花
2009/07/25 03:43
山梨県立美術館にはできたころ、何回かミレーを見に行きました。ミレー館が出来たのですか。ぜひまたいってみたいです。
森の生活
2009/07/25 09:24
庭花さん、こんにちわ。
日本人は農耕民族の血のせいかミレーの農夫を描いた作品に惹かれるのかしら…とも思ったりしていますが、ミレーの描く作品は心の深い処に届く何かが魅力的なように思います。
ミレーと同じバルビゾン(フランスの田舎の地名)派の作家の作品も静かな雰囲気で素晴らしく、展示室のソファに腰掛けてゆっくり眺めていると幸せです。
またふらりと訪れたいと思っています。
komichi
2009/07/25 10:01
森の生活さん、こんにちわ。
ミレー《眠れるお針子》は昨年新に収蔵された作品で《ポーリーヌ・V・オノの肖像》との比較も興味深いです。
新たなミレー館はゆったりしたいい雰囲気の中でミレーの絵を鑑賞することが出来るようになっていて、嬉しいです。
komichi
2009/07/25 10:05
お〜!私が大好きなミレーの絵が山梨にあるとですか!
2年くらい前に山梨まで行ったけど・・ミレーは知らん買った。
むっちゃん
2009/07/25 10:55
むっちゃんさん、こんばんわ。
山梨県立美術館はミレーの作品の収蔵が多く、近年買い入れた作品もあって・・・ミレー好きの方ならとてもいい環境です♪
ミレーの油彩作品は通年展示されていますので、嬉しいです。
山梨に今度お出かけの時はぜひお立ち寄りください。。
komichi
2009/07/25 22:09
ミレーの畑仕事を題材にした作品の数々は、労働の尊さを宗教的な境地にまで昇華させていますね。
それにしても最初の奥さん、なで肩!

美術館併設のカフェって、どこも気持ちのいいところが多いですよね。
国立近代美術館はMさんの職場の近くなので、ぶらりと会いに行ったけど会えなかった時に、ときどきしけこみます。
前庭の芝生を見ながら、美術館のテラスでぼんやりするのはなかなか贅沢な時間ですね。
最近はすっかりそういう時間もなくなってしまいましたが。
<S>
Beehive
2009/07/25 22:59
Beehive<S>さん、こんばんわ。
最近はどこの美術館でも雰囲気のいいカフェやレストランがあって、嬉しいです♪一人で本を読んだりお茶を飲んだりするのに、気持ちのいい空間で好きです。。
時には美術展の作品より美術館の外の窓越しから見る風景の方がよかったりすることも・・・(苦笑)。

最初の奥さんの肖像画《ポーリーヌ・V・オノの肖像》、心惹かれます。ちょっと腺病質な感じや画面の緊張感など暗い絵ですけど、気になります。。次の奥さん《眠れるお針子》の生命力溢れる感じと正反対で興味深いです。。
komichi
2009/07/26 00:34
山梨県立美術館・・・もう10年以上前に一度だけ行きました。
私もジャン=フランソワ・ミレーが好きです。
ミレー館が出来ていることは知りませんでしたが、建物も公園も一日居ても飽きないくらい素晴らしいようですね。
我が家からは、乗りモノだけでも甲府駅まで3時間半くらいかかりますが、秋の一日。日帰りで行ってみようかしらと、今から計画を立て始めました。

最近、美術館巡りをしなくなっていましたので、これからボチボチ始めようとも・・・。
ライムの香り
2009/07/26 13:27
こんにちわ。
ミレーの絵には、農民の生活や風景が良く描かれていますね。
のどかで、ちょっぴり寂しげな絵は、私も好きです♪
素敵なカフェテラスで、ティータイムするのもお洒落ですね♪
ハーモニー
2009/07/26 15:11
こんにちは
ミレーの画も素晴らしいのですが、山梨県立美術館が素晴らしい環境にあるのに驚きです。美術館をほとんど知りませんので、そう思ったのかどうかも…。Komichiさんは本当に色んなところへ苦にせずお出かけになられるんですね。そこがまた凄いと私は思います。
ミレー館があるのも凄い! 近くの方はいいですね。
木の葉
URL
2009/07/26 15:44
2年程前の秋のはじめ頃に一度行きました。
庭園がとてもステキでその時は、岡本太郎さんの彫刻が展示されていました。庭とマッチしてましたよ!
ミレーの油彩は大作が多かったように思いますが?
押さえた色調なのに、圧倒された記憶があります。
また行ってみたいです。
テラスのお茶も未体験なので(笑)
sasapanda
2009/07/26 16:22
ライムの香りさん、こんばんわ。
>山梨県立美術館・・・もう10年以上前に一度だけ行きました。
そうでしたか。。ミレー館は作品が観やすく、とても落ち着きます。
3時間半とはちょっと遠いですけど、山梨は果物も美味しいところなので・・・日帰り温泉もたくさんありますし。。
きっといい一日をお過ごしになれそうです♪
komichi
2009/07/26 23:20
木の葉さん、こんばんわ。
最近の地方にある美術館は美しい環境のところも多くなっていますし、レストランやカフェの雰囲気もよくなってきました。
都会の美術館の展覧会もいいですけど、自分のペースでゆったり過ごせる好きな作家の常設美術館は嬉しいです♪
仕事をしていた頃の名残でしょうか・・・好奇心が強くて(苦笑)。
komichi
2009/07/26 23:26
sasapandaさん、こんばんわ。
>2年程前の秋のはじめ頃に一度行きました。
そうでしたか。。岡本太郎さんの屋外彫刻が展示されていたのでしょうか。。こちらの公園は広くて、気持ちよさそうですね〜〜♪
ミレーの絵は暗い色調ですけど、土を見据える目線の鋭さがあって魅力的です。。
komichi
2009/07/26 23:34
ハーモニーさん、こんばんわ。
パリから離れたミレーの描いた農村の風景には、必ず働く人の姿があります。土とともに労働する人を好んで取り上げていたように思います。
大勢の人と行動することが苦手の私は、こんなカフェでぼんやりしているのも好きです♪
komichi
2009/07/26 23:44
すてきな美術館ですね。コローがすきですね。風景画が...こんなところで時間を忘れてほ〜っとするのもいいですね。komichiさんの優雅な姿が見えるようです。
ののはな
2009/07/28 13:04
ののはなさん、こんばんわ。
東京から離れた美術館も最近では全体の雰囲気を大事にしたものがふえているように感じます。
展示室もゆったりしていますから、椅子に座って眺めたりいい絵を何回も行ったり来たりしながら鑑賞して楽しみました♪
コローの絵にも出合えて幸せでした。
家から1時間くらいで着く場所なので、時々訪ねたいと思っています。
komichi
2009/07/28 21:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■山梨県立美術館■ミレー館 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる