■副島泰嗣・微美子 白磁展■2012年 無門庵



我が家のお隣、白磁工房・静風舎の
副島泰嗣・微美子ご夫妻の展覧会が1月25日より
立川の無門庵ギャラリーにて開催されます。

今年も白磁のうつわが新春を飾ります。
ぜひお出かけください。


白磁展

■副島泰嗣・微美子 白磁展■

2012年1月25日(水)~1月31日(火)

11:30 ~ 18:00(最終日は16:00まで)

「ちょっといい普通の暮らし」を
手作りの白磁で
今年も心豊かに過ごしていただければ
幸いです    
               副島

★静風舎ウェブサイト
http://www.seifu-sha.net/index.html


08-1無門庵1

★無門庵
http://www.mumon.gr.jp/mumon_web/mumon_index.html

〒190-0002東京都立川市錦町1-24-26
南武線西国立駅 徒歩1分・P有り
TEL:042-529-2323
FAX:042-525-9971


map










この記事へのコメント

木の葉
2012年01月08日 10:19
副島ご夫妻の白磁展も回を重ねてますね。
見るのは楽しくて好きですけど、欲しくなる病気の私には、白磁器が増えて行く感じがなんとも…。
見れなくて残念!が本心なのですが。
ちょっと余計な事を言えるように元気になってますか?私(笑)
komichi
2012年01月08日 22:24
木の葉さん。
白磁のうつわは洋食にも和食にもあって・・・
結局一番使うことの多い器です。
丈夫ですから結局いい買い物になっています~?(笑)。
お体の調子もよくなっている気配で、嬉しいです♪
2012年01月11日 07:15
お早うございます(^^)
白磁は綺麗ですね。
手触り・・あるときは透明にも感じる白さ・・。
ものに触れたときの音・・。
でも、がさつな私には精々コーヒーカップ程度が
お似合いのようです。
komichi
2012年01月11日 10:05
あいべんさん。
白磁の持つ凛とした清々しさが好きです。
かたちを極限まで追求せざるを得ない厳しさも同時にあって、作家にとっては妥協を許されない世界だろうと想像しています。
白磁のコーヒーカップが口に触れた時の感触もいいですね♪

この記事へのトラックバック