■吹田千明 作陶展■



藤野で陶釉舎を運営されている、
陶芸作家・吹田千明さんの個展が
1月24日から30日まで、横浜そごうで開催されます。

自然の中で育まれた彼女の作品から
豊かな感性が伝わります。
見て、触って、楽しむ作品も展示され、
五感を刺激する楽しい展覧会です。

吹田千明作品
《光の射す方に》

■吹田千明 作陶展■

2012年1月24日(火)~30日(月)

午前10時~午後8時(最終日は午後4時閉場)

横浜そごう6階工芸画廊
横浜市西区高島2-18-1
045-465-5506(直通)

「現在、神奈川県内でも自然の豊かな山と湖がある藤野で作陶しています。
今回の展示作品は、日常の暮らしの中でお楽しみいただける器のほかに、
ランプ、からくりの仕掛けを施したオブジェなど
お楽しみいただける作品も出品いたします。
御高覧くださいますようご案内申しあげます。」

☆作家在廊日 :1月24日(火)、27日(金)~30日(月)
☆からくり担当:シゲホニャラカ

吹田千明作品2
《テルミン君》


吹田千明作品3
《日本の顔》


★吹田千明
http://komichi.loops.jp/artist/fukita.html
東京生まれ
1981年:多摩美術大学院陶芸専攻修了
陶芸の森野外制作、個展 
(乾画廊、コバヤシ画廊 レスター大学など十数回 グループ展多数)
文化庁1年海外芸術家在外研究員イギリス在住
台北国際陶芸展、日本陶芸展、八木一夫大賞展、
朝日現代クラフト展入選
日本美術家連盟会員 現代かながわ会員








この記事へのコメント

木の葉
2012年01月18日 15:03
こんにちは~!
昨日もきて、今日も何の反応がないのも寂しいかと思いまして。
見ましたよ~!
記事についての反応は無いんですけどね(笑)
komichi
2012年01月18日 23:36
木の葉さん。
見てくださって、ありがとうございます!
2012年01月19日 05:27
お早う(^^)~
電気炉が今や主流の陶芸ですが写真で見る限り
この大きさだと電気炉ではないですね?
もしかして大き目のガス炉?
陶芸村なら登り窯?
商業目的の作品ではなく芸術としての物造りの
自由奔放な野生的感覚を感じてます(今日も変な感想)
komichi
2012年01月19日 15:53
吹田千明さんの作品は日常使いのうつわとは一味違った作品が多く、とても刺激になります。
からくりを施したオブジェ作品などもあって…楽しめます♪
私も横浜まで足を延ばそうと思っています。。
2012年01月21日 09:38
自然の中で作られた作品には大胆な生命力をかんじます
素材のザラザラ感が温もりになって素朴さもあっていいですねぇ
komichi
2012年01月21日 23:43
コケ魔女さん。
吹田千明さんの作品は自然の大らかさと大胆さが魅力です。
からくり作品では音が飛び出したり、光が回ったりと楽しませてくれます~♪
2012年01月23日 23:44
「見て、触って」ですか。
作品を触るのは、ふつうはご法度なんですよね。
この方の作品は個性があり、面白そう~♪
下の2点、かなり大きそうですね。
komichi
2012年01月24日 13:24
ハーモニーさん。
吹田千明さんの作品はほんとうにユニーク。
藤野のご自分のギャラリーで開催された展示会でも子供たちが喜んで触っていました~♪
押すと音楽が聞こえてきたり、光がキラキラと回ったり・・・藤野の自然からインスパイアーされた作品が素敵です。

この記事へのトラックバック