2016年■藤野ぐるっと陶器市■佐野川、日連、篠原地区から…



陶器市二日目の日曜日、夏の日差しの午後
佐野川、日連、篠原地区巡り。

茶畑の続く、佐野川の古民家
急傾斜の竹林を登って
gallery studio fujinoへ。

画像


★佐野川地区 gallery studio fujinoから・・・

画像




画像

蔵の床に白い陶器の作品


画像




画像

山崎大造さんの伐ったままの青竹で作った籠



画像




画像




画像

studio fujino の美しい木工のうつわ


★日連地区 おおだ山荘から・・・
今回初参加のこちらは初めて訪ねた湖の近くの古民家


画像



画像


蔵では和の素材を使った再生流の展示

画像



母屋では

画像




画像

雨林堂 星野諭生さんの 
透かし技法で作られた和紙の繊細なケースメント


陶芸家・長谷川奈津さんのうつわや花器
大ぶりな壺に活けられた花木とのコラボも美しい

画像



画像




★篠原地区から・・・

Keramos 7

画像



画像

竹嶋玲さんのターコイズブルーのうつわが海の色



陶釉舎

画像



画像



画像



画像

画像

陶虫作家・奥村巴菜さんのカエルやセミ


画像

画像




画像

陶芸家・川村晃弘さんの中空技法の不思議な味わいの陶器



今年も全部は廻りきれなかった陶器市
遠来のお客さんも多く賑わった二日間



★2016年■藤野ぐるっと陶器市■の詳細はこちらから↓
http://komichi-blog.at.webry.info/201604/article_5.html






この記事へのコメント

2016年05月24日 05:14
おはようございます。
こんな陶器市たとえ購入しなくても十分自然の風を
楽しみながら眼の保養になりそうですね(^^)。
作者と見る側双方が楽しめる陶器市素晴らしいですね。
京都暑さも今日までですが昨日クラーのお世話に
なりました(^^)。
2016年05月24日 06:58
藤野ぐるっと陶器市に向けて、アーティストが作品を作ったりコラボレーションしたり。
なんてステキなことなんでしょ。
和裂を再生させると云うことはこれからの大切な課題です。
お着物を着ない人が 親御さんが作って下さったモノを平気で捨てて行かれます。
親御さんの想いが生かされる作品を発信される方法があれば佳いなァ…ッと想う今日この頃。
2016年05月24日 11:56
陶器市、大盛況でしたね。
全部廻りきれないほど出展されてるのですね~。
和布のバッグ、興味があります。
作家さんの個性がそれぞれに出ているのでしょうけど、ターコイズブルーの器、魅力的です♪
komichi
2016年05月24日 22:06
あいべんさん、こんばんは!
藤野の陶器市は親子連れなど、芝生で子供を遊ばせながら陶器を眺めていたり…皆のんびり5月の季節を楽しんでいるように見えました~♪
作家さんも楽しみながら接客をされていました~☆
こちらも今日は暑くて…半袖を着て過ごしました~(笑)。
komichi
2016年05月24日 22:13
おーちゃんさん、こんばんは!
藤野では古民家を綺麗に手入れして住む方も増えています~☆古い着物や帯からバッグや小物、ガウンなど様々なアイディアで再生した作品を作っている方もいて、楽しい雰囲気でした~☆
私は母の着物が身幅が広いので、大柄な友人に差し上げてお茶会などに着ていただいたりして、喜ばれています~♪着物も喜んでいるような気がします~☆
komichi
2016年05月24日 22:20
ハーモニーさん、こんばんは!
今回は半分くらいしか回れませんでした~。
藤野の陶器市は開催場所が広範囲に点在しているので、一日では廻りきれません~。私は半日ずつ二日間にわたって回りましたが観きれません~(笑)
竹嶋玲さんのサンゴ礁のある海の色のようなブルーのうつわが綺麗でした~♪ハーモニーさんのお宅の朝食にお使いになると合いそう~~♪
木の葉
2016年05月25日 16:48
一つに目がとまりました!
硝子の器ですか? 並んだ素敵なもの!
上の段の一番左の深緑のもの!
何?ですか~? 手に取ってみたくて、みたくて~!とちょっと大人げないですが、好きです!(笑)
Komichi
2016年05月26日 21:19
木の葉さん、こんばんは!
こちらのガラスは下の段の右端の薄紫のものと似たようなオブジェのように見えますが、しっかり確かめていないので...詳しいことはわかりませんけど緑の色もシックで木の葉さん好みでしょうね~☆ 
2016年05月27日 14:25
素敵な古民家ギャラリーですね。
展示品に感心する前に、
緑の中に佇む建物の雰囲気に
惚れ惚れしてします。作品の中では、
小物でもいいから、青竹の籠がちょっと
欲しいかなあなんて思ったりして…。
komichi
2016年05月27日 22:00
yasuhikoさん、こんばんは!
ギャラリーstudio fujinoの場所は竹林とお茶畑の中にあって、素晴らしい環境です~♪ギャラリーの手前の竹林から採ってきたばかりの青竹で作った籠は生命を感じるエネルギーにあふれたものに仕上がっていました。

この記事へのトラックバック