芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■チームラボ ボーダレス■東京・お台場

<<   作成日時 : 2018/08/05 16:12   >>

トラックバック 0 / コメント 4



猛暑のなか、孫を誘って
お台場で現在開催されている
■チームラボ ボーダレス■へ。

10,000uの広さに50のブース
それぞれにテーマを感じるデジタルアート
子どもにも大人にも白昼夢のなかにいるような…
美しく不思議な空間が広がっています。

画像


■チームラボ ボーダレス■東京・お台場

2018.6.21 (木) - permanent

★通常
月〜木 11:00 - 19:00
金・祝前日 11:00 - 21:00
土 10:00 - 21:00
日・祝日10:00 - 19:00

★8/1(水) - 9/2(日)
月〜日、祝前日、祝日 10:00 - 22:00

休館日:第2・第4火曜日


人は自らの身体で自由に動き、他者と関係性を持ち、身体で世界を認識する。そして身体は時間を持ち、脳内で考えは、同じ脳内の他の考えと境界が曖昧なまま影響を受け合い、時には混ざり合う。
アートも、部屋から出て、自ら動き出し、人々と関係性を持ち、身体と同じ時間の流れを持つ。そして、作品は、他の作品とコミュニケーションし、影響を受け合い、他の作品との境界がなく、時には混ざり合う。そのような作品群による、境界のない1つの世界『チームラボボーダレス』を創ろう。
人々は、自らの身体でその世界に迷い込む。そして、その境界のない作品群は、人々の存在によって変化する。その1つの世界に、他者と共に身体ごと没入し、溶け込んでいくことで、自分と他者との境界を連続的なものに変えていくだろう。そして私たちと世界との、境界のない新しい関係を模索していくのだ。

★公式サイト
https://borderless.teamlab.art/jp







画像
いつもは車移動の多い孫、この日は新橋から「ゆりかもめ」に乗って・・・

画像
デジタルアートの森を散策

画像



★学ぶ!未来の遊園地から・・・
画像
用意された用紙に魚の絵を描いています

画像


画像
それぞれが描いた絵をスキャニングして壁の水槽で泳がせます


画像


3時間ほどデジタルアートの森を楽しみましたが
まだ見逃したアートブースもあって、またいつの日か・・・



画像
★MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless
東京都江東区青海1-3-8(お台場パレットタウン)
延床面積: 約10,000u
開業日: 2018年6月21日(木)
営業時間:11:00〜19:00
土・日・祝日 10:00から営業
金・土・祝前日 21:00まで営業

りんかい線 東京テレポート駅 徒歩5分
新交通ゆりかもめ 青海駅 徒歩5分
*MEGA WEBを通り、パレットタウン大観覧車下



★チームラボ
https://www.team-lab.com/
2000年、東京大学・東京工業大学の大学院生・学部生が集まり、文京区西片にチームラボ有限会社を設立
検索エンジン、インタラクティブハンガー、水族館まで、『実験と革新』をテーマに、情報社会における未来のヒントになるようなものを創っています。
テクノロジーとクリエイティブの境界はすでに曖昧になりつつあり、今後のこの傾向はさらに加速していくでしょう。そんな情報社会において、サイエンス・テクノロジー・デザイン・アートなどの境界を曖昧にしながら、『実験と革新』をテーマにものを創ることによって、もしくは、創るプロセスを通して、ものごとのソリューションを提供します。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます!
お孫さんが年々成長されてくると、連れていく所も変化してきますね♪
極彩色の中へ抵抗無くすんなり入るこめるのは、感性が柔軟なのでしょうね!
デジタルアートへの躊躇まだありますねぇsasapandaは!
sasapanda
2018/08/07 09:12
sasapandaさん、こんにちは!
このチームラボの企画には、私が最初に興味をもって、孫を誘いました。、いま携帯などで様々な展開をしているデジタルアートの世界はどんなことをしているのか、自分の目で確かめたいと、好奇心が先に立っています〜☆
浮遊感を味わえる体験型のアートで、さまざまなアートの一つの形として楽しめました〜♪
komichi
2018/08/07 15:43
デジタルアートと題すると 何もかもがデジタルでする…いわゆるAI技術を使って機械にさせることばかり考えがちです。
けれど結局はアナログ的な発想からデジタル変換したモノの方がイマジネーション豊かなものになっていると想ったりします。
考えてみれば金箔を背景に人が舞う。
金箔の上に一本の松があるだけで 物語の風景を喚起するのは極めてデジタル。
動画を見て、デザインした人たちのアナログ的な発想を感じられたのでこんなこと書いちゃいました。
おーちゃん
2018/08/09 07:48
おーちゃんさん、こんばんは!
チームラボのデジタルアートは、人間臭い雰囲気もあって、どこまでも人とのかかわりを追及しているように感じられます〜☆
そうなるとアナログ的な発想がもとになり、デジタル技術でイメージの広がりを表現して楽しんでもらうということでもあるようです。
金箔に松の簡素な設定から受け手の想像力とそこにあるアートの力で作られる物語はまさにデジタル的と言えるかもしれませんね〜☆
komichi
2018/08/09 21:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
■チームラボ ボーダレス■東京・お台場 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる