芸術の小径

アクセスカウンタ

zoom RSS ■牧野 環 日本画展■−風の糸を辿って−

<<   作成日時 : 2019/01/06 00:52   >>

トラックバック 0 / コメント 4



日本画家・牧野環さんより
新年早々、日本橋三越で開催される
■牧野 環 日本画展■−風の糸を辿って−
のご案内が届きました。

空気の匂いや風の音がきこえてきそうな
牧野さんの画の世界に惹きこまれてゆく
至福の刻を楽しみに・・・

画像
《光華の庭》 50号


■牧野 環 日本画展■−風の糸を辿って−



2019年1月9日(水)〜1月14日(月・祝)  最終日は午後5時閉場


日本橋三越本店 本館6階 美術サロン

出会った風景に心がふれたとき
永遠のものとなります。

私は糸を辿って
再び出かけるような気持で描きます

私の風を楽しんでいただけたら幸いに思います。

                 牧野 環




画像
《吉野の風》 20号


画像
《未だ青き道》 8号


画像




★−風の糸を辿って−日本橋三越個展特設ページ
https://tamaki-makino.jimdo.com/風の糸を辿って/


★牧野環プロフィール
https://tamaki-makino.jimdo.com/

1974年 愛知県西尾市吉良町に生まれる。
1999年 再興第84回院展にて「それぞれの海」が初入選
愛知県立芸術大学美術学部日本画専攻卒業
2001年 愛知県立芸術大学大学院美術研究科日本画専攻修了
2002年 雪舟の里総社墨彩画公募展にて「臨界」が雪舟大賞受賞
2005年 トリエンナーレ豊橋 豊橋市美術博物館
2007年 個展レスポワール展 銀座スルガ台画廊
2008年 愛知県委託事業、東寺伝真言院曼荼羅模写従事(2014年完成)
2010年 個展「未だ青き道」松坂屋名古屋店
2012年 個展「忘れずの風」日本橋三越本店、名古屋店 
特別展 岸〜歌会始御題によせて〜に「滲む夜」出品 伊勢神宮美術館 
2014年 愛知県委託事業、金剛峯寺所蔵仏涅槃図模写従事(2017年完成)
個展「甘き水を探しに」松坂屋名古屋店
個展「涼しき出会い」阪急うめだ本店
2015年 再興第100回院展にて「明日を積む」が奨励賞受賞
2016年 個展「−朝−」日本橋三越本店 
再興第71回春の院展にて「凪の朝」が奨励賞受賞
創と造 東京美術倶楽部ほか (同2017,2018) 
院展受賞作家新作展 松坂屋名古屋店
2017年 日経ファミリーカレンダー挿画を担当
個展「この光の消えぬうちに」松坂屋名古屋店

現在   日本美術院 院友

師   片岡球子 松村公嗣


★牧野環さんの過去のエントリーはこちらから↓
https://komichi-blog.at.webry.info/theme/df46a81d65.html







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
komichiさん(^^)
おはようございます(^^)
寒中お見舞い申し上げます<m(__)m>
今年もよろしくお願いします<m(__)m>
といっても、ワタシのブログは著作権の絡みでちょっと休んでる間に非公開になってしまいました(泣)
なので、新しくブログ立ち上げました。
過去記事のブログでkomichiさんのお元気そうなお姿を拝見し、とても嬉しくなりました(^^)

さて、今日ご紹介の
■牧野 環 日本画展■−風の糸を辿って−
見に行きたいですぅ(^^)
日本橋三越本店 本館6階 美術サロン ですね。
14日までですかぁー。ちょっと厳しいかなぁー。
仙台の三越には来てくれないかなぁー。



詩音連音
2019/01/06 08:51
静謐と言うのか、何と言うのか、
牧野さんの作品には、奥深い自然の懐に
抱かれるような心地よさがありますね。
心が洗われる気がします。
yasuhiko
2019/01/06 14:57
詩音連音さん、寒中お見舞いありがとうございます🌁⛄🌁
そちらは雪景色でしょうか〜。
音楽の著作権は、プライベートなブログにも影響しているようですね。
また、新たにブログを立ち上げられて、嬉しいです〜☆

牧野さんの絵画には、静かで美しい物語があって、心鎮まります。
いつか、詩音連音さんの目で観ていただきたいです〜☆
東京にお出かけの折りには、お時間あればご連絡ください〜☆
komichi
2019/01/06 19:55
yasuhikoさん、こんばんは!
牧野さんの絵画には、自然と真摯に向き合い描いた、その気配が静謐さを観るものに感じさせるのでしょうね〜☆想いを画にすることの素晴らしさを、いつも作品から感じています。
いつも、素敵なコメントをありがとうございます。
komichi
2019/01/06 20:06

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
■牧野 環 日本画展■−風の糸を辿って− 芸術の小径/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる