■藤野ぐるっと陶器市2019■studio fujino&龍夢万華鏡工房から…



ことし、20周年を迎えた
■藤野ぐるっと陶器市■
5月18日、19日二日間とも晴れ
多くの人がぐるっと散歩を楽しんで…

藤野のエリアは広いので
今年も全部は廻りきれません。
あちこち目移りしながら歩きます。

★gallery studio fujino(佐野川地区から・・・)
画像


今年も素晴らしい企画で刺激を受けたstudio fujino

画像


画像
小指の先ほどのミニチュアうつわが凄い!

画像
美しい色感と素材、そして中のちいさな像が魅力的

画像


画像
studio fujino 制作、木のうつわの緻密な美

画像


画像


母屋の外にある蔵では
モノクロのインスタレーション

画像
蔵の内部がモノクロインスタレーション
ディナー用テーブルセッティングもあって
陶器市前のある日、予約参加者が
モノクロファッションでの食事会も開催されました。

画像
↑のインスタレーション作家、松山しげき氏夫妻



次は、家から車で20分ほどの網子地区にある
傍島飛龍さんが主宰する龍夢万華鏡工房へ

★龍夢万華鏡工房(網子地区から…)
画像


画像


画像
飛龍さんのつくる、こびと人形はどの顔も魅力的

初日に伺った日は人が多く写真も撮れず
翌日友人とイベント終了寸前に再度撮影を・・・

万華鏡を覗くと、離れられなくなって・・・

二階ではパートナーのゆきよさんの
花のろうそくやせっけんなど、ふんわりした空間
画像


ソファでは20歳になる黒猫くんがお客さんにも
動じず、ゆったりと眠って平和な時間

画像



次回は名倉から篠原地区へ。





■藤野ぐるっと陶器市2019■の詳細はこちらから↓
https://komichi-blog.at.webry.info/201904/article_6.html










この記事へのコメント

2019年05月24日 14:22
ミニチュアの器が楽しいですね。
ちょっと並べて飾ってみたい気がしました。
傍島飛龍さんの万華鏡には、何年か前、
渋谷BUNKAMURAのギャラリーで
出合ってます。少年の夢が大人になっても
続いてるような夢のある作風に、
親しみを覚えた事を思い出しました。
komichi
2019年05月24日 21:46
yasuhikoさん、こんばんは!
おままごとのうつわより、もっと小さな焼き物のうつわがとても可愛くて…大人買いして小さな棚に並べてみたいと思って眺めました。
飛龍さんの万華鏡は独特の雰囲気で、土をいじっていた子供の頃の夢を感じる作品になっていますね~☆
2019年06月08日 07:10
ミニチュアの陶器、大きなのよりも丁寧に作らないと、焼き上がった時の完成度が低くなるんじゃないかも。
色目も経験で或る程度コントロール出来るでしょうが 面積が小さいので、コレも難しそう。
モノクロは一つ間違えたら陳腐になってしまうから、作家さんのセンスが露わになるから コレも難しそう。
写真で見てるだけで勉強になります。
ってことは直に見たらもっと勉強になるんですネ。
いつか行けたら佳いなァ。
komichi
2019年06月08日 22:31
おーちゃんさん、こんばんは!
studio fujinoの今年の企画もとてもユニークで質が高く、いい刺激になりました~☆
ごく小さなうつわは見ていると愛らしく、心惹かれましたし、モノクロの蔵のなかもたのしい驚きに満ちていて、なんとも幸せでした。
陶器市は点在している工房を巡るので、それぞれの個性が違っていて、飽きません~♪

この記事へのトラックバック