■和巧絶佳 展■パナソニック汐留美術館

強い太陽照り付ける朝
和の精緻な工芸作品展
■和巧絶佳 展■開催中の
パナソニック汐留美術館へ。

若き作家たちによる
人の手でここまで成せるのか・・・と
絶句するような繊細な手仕事に
感嘆した展覧会。

帰りは人の少ない銀座で
友人と昼食。
久しぶりのゆったりした時間。

パナソニック.jpg


■和巧絶佳 展■パナソニック汐留美術館

2020年7月18日(土)~9月22日(火・祝)

10:00~18:00

公式サイト
https://wakozekka.exhibit.jp/

パナソニック汐留美術館
東京都港区東新橋1-5-1 
パナソニック汐留ビル4階

グローバル時代をむかえ、私たちを取り巻く物の均質化が進むなか、日本各地で育まれてきた工芸や手仕事が独自の表現を生み出す資源として見直されています。工芸というジャンルにとらわれることなく、素材を用い、技法を駆使して工芸美を探求する本展の出品作家の取り組みは、人と物との関係を問い直すとともに、手仕事の可能性の広がりを予感させます。
本展覧会では、日本の美意識に根ざした工芸的な作品によって、いま最も注目されている1970年以降に生まれた作家12人を紹介します。
展覧会タイトル「和巧絶佳(わこうぜっか)」は現在の日本における工芸的な作品の三つの傾向――日本の伝統文化の価値を問い直す「和」の美、手わざの極致に挑む「巧」の美、工芸素材の美の可能性を探る「絶佳」――を組み合わせた言葉です。この展覧会は現在の日本の工芸の新しい兆候を示すだけでなく、これまで受け継がれてきた日本の手仕事の可能性を考える機会となることでしょう。


舘鼻則孝《 Heel-less Shoes 》 2014 個人蔵 
人気歌手レディー・ガガ愛用の靴として知られるヒールレスシューズは花魁(おいらん)の高下駄(たかげた)に着想を得た造形↓
tatehana.jpg

tatehana 1.jpg


桑田卓郎《茶垸》2015年 個人蔵
目を奪われるのは、派手な色彩と意思をもっているかのような装飾。
伝統的な茶碗の上に、新たな生命が噴出し、躍動する↓kuwata.jpg


深堀隆介《 四つの桶 》 2009年 台湾南投毓繡美術館、台湾
透明樹脂の表面にアクリル絵の具で金魚のからだの部分を少しずつ描き、それを層状に重ねていくことで、上から見るとまるで金魚が泳いでいるかのように見えるユニークな作品↓深堀.jpg



見附正康《無題》2019年 オオタファインアーツ蔵
1ミリの幅にフリーハンドで描く無数の線が作り出す宇宙。
下書き無しで描くという超絶技法に唖然↓
見附正康.jpg
mituke.jpg



橋本千毅
《花蝶螺鈿蒔絵箱》2018年 個人蔵
ヒノキ、漆、金、ピンクゴールド、プラチナ、貝、螺鈿、蒔絵、彫漆
円形の箱の蓋に螺鈿で白く輝く牡丹の花を表し、葉の部分は緑色に輝かせている。蓋には漆を塗り重ねた堆漆を彫刻したオオムラサキが取り付けられている↓
花蝶螺鈿1.jpg

花蝶螺鈿2.jpg
花蝶螺鈿3.jpg



坂井直樹 金工
1枚の鉄板から鍛金の技法で生み出される金工作品↓坂井直樹 金工.jpg
坂井直樹 金工2.jpg




安達大悟 テキスタイル
奈良時代の夾纈(きょうけつ)にルーツをたどることができる板締め絞り。折りたたんだ布を四角や丸など様々な形状の板に挟み染め上げる技法。
染料の配合や色彩の濃淡などを綿密に計算して、古い技法に新しい感覚のテキスタイルに仕上げている↓安達大悟.jpg



高橋賢悟
真空加圧鋳造法
溶かした金属を型に流し込む際に、あらかじめ型の中から空気を抜いて真空状態にし、金属を流し込んだあと瞬時に圧力をかけることで、精密な鋳造ができる技法で、高い精度が要求されジュエリーの鋳造で主に使用されてきた。
アルミニウムを素材とし、技術改良を重ねてさらに現物鋳造することで、0.1ミリという前例のない驚異的な薄さの鋳造を実現した↓高橋賢悟.jpg


佐合道子《玉華蓋付飾壺》2017年
IMG_0002 (2).jpg
をだまき 2020.jpg



山本茜《 截金硝子香合「無我」 》 2016 個人蔵 ©T.MINAMOTO
ガラスで截金を挟み溶着させる截金ガラス。平面に施されていた截金を、三次元の表現に転化させたことで、繊細な模様が立体的になり、さらに半永久的にその美しさを保てるようになりました↓
yamamoto.jpg
山本茜.jpg
載金硝子長方皿.jpg


池田晃将《数式配列檎棗》2019年 個人蔵↓ ikeda.jpg池田2.jpg


新里明士《光器》2019年
透明性のある文様が施された「蛍手ほたるで」といわれる磁器。
磁器の素地に透かし掘りの装飾を施し粘性の強い半透明の釉薬をかけ焼くと透かし彫の部分が釉薬で埋められ、その部分に光が通されると文様が透けて見える、繊細な技法を、モダンなデザインで作品に。↓
VPvfo0OQ.jpeg
↑こちらの作品はとても繊細で美しいのですが撮影がうまくできず
新里氏のウェブサイトから転載させていただきました。


若い作家たちのあふれる美の追求に
ワクワクした素晴らしい展覧会で心満たされました。

この記事へのコメント

2020年08月12日 10:29
素晴らしい展覧会ですー!
写真を一枚一枚じっくり拝見。
写真もですがキャプションがわかりやすてより作品のあらかたのイメージが浮かんできます。
動けないけれど、こちらでしっかり見ることができました。
komichiさん、ありがとうー☆
komichi
2020年08月12日 16:05
うららさん、こんにちは!
舘鼻さんや深堀さんの作品にはたびたび出会っていましたが
見附さん他の作家さんの作品に初めて出逢い
もう驚きました~!
丹念で精緻な手仕事が驚異的で、どうすればここまで
たどり着けるのだろうか…と、感嘆するばかりでした。
会場で撮影ができないと思い、美術館のロッカーに
カメラを預けてしまって、慣れない携帯の写真でしたから
繊細な作品の感じが伝えにくいと、解説を写し
自分の解釈で覚書を書いておきました。
うららさんの参考になって、嬉しいです~☆
若い作家さんの中に、途方もない時間をかけて
美しい工芸品を作る人がこれだけいてくれることに
なんだか希望を感じました。
木の葉
2020年08月13日 11:17
 おはようございます!
毎日暑くて、何だか気合の入らない日をおくってます。。。

いや~、今回の作品達は凄いですね!
じっくりとどうなってるのか見てしまいました。発想と根気とテクニックにセンスですよね。良いものを見せて頂きました。
Komichiさんのここでしか知れない事、まだまだありそうですね(笑)
komichi
2020年08月14日 22:13
木の葉さん、こんばんは!
今年の夏は、ほんとうに暑さが厳しくて…
わが家も日中は冷房をつけています。
退院した母を今朝は手術した病院へ一緒に行き
術後の診察を受けました。
退院時には私の名前もすぐに言えたのですが・・・
今日は少しぼんやりしていて、ちょっと切ない思いもしましたが、術後の経過はいいようで安心しました。
こちらの展覧会は、若い工芸作家たちの
すばらしい作品を観ることができて、ワクワク嬉しくなりました。
私の写真では、繊細さがよくわかりませんけど
一心に手をかけた美しい作品に感動しました~☆
2020年08月15日 23:47
うだるような暑さ続きで、外出も
ままならない毎日ですが、透明感のある
涼し気な作品が多くて、目と心が癒されました。
深堀隆介さんの作品は鑑賞した事があります。
みなさん、唯一無二のユニークな
スタイルを追求してる点が素晴らしいですね。
komichi
2020年08月16日 12:08
yasuhikoさん、こんにちは!
毎日厳しい暑さで、外に出るのに勇気がいりますね。
この展覧会で、以前から何度も拝見している
舘鼻さんや深堀さんの作品も素敵でしたが
初めて目にする作家さんたちのおそろしいほどの精緻な作品に
深い感動を覚えました~☆
夏らしい雰囲気のいい展覧会でした。
2020年08月16日 21:03
縄文時代にはすでに漆が使われていたことを考えると、大陸から来た文化・技術だけとは思えない。
このように若い人たちが新たな技法を考えていくのですから。
先日来 ちょっと色塗ることをしてるんですけど、ものすごく慎重にしないとダメなことを改めて感じました。
ボクのは飽くまで趣味、でも工芸作家にとって自身を表すモノだけに その作品にすごいメッセージが見えてきます。
個人的にはきりかね硝子が三次元的に重なっている美しさに惹かれました。
ぼかしが何枚もの硝子と重なることによって繊細な文様があざやかに浮かび上がってくる様に、或る種嫉ましいくらいの才能を感じました。
日本人の美意識は太古から現代に至るまで深化し続けている。
そんなことを感じました。
komichi
2020年08月16日 23:09
おーちゃんさん、こんばんは!
現代の若き工芸作家のなかにこれほどの情熱をかけて
新しいものを工芸の技法を使いながら創り出すことの
凄さに感動しました。
截金硝子の山本茜さんの作品はどれも優雅で繊細
ほんとうに美しく、写真ではお伝え出来ないのが残念ですが
おーちゃんさんにイメージを感じていただけて嬉しいです~☆
展示された作品のなかには中国から伝わった技術も多いようですが
はるかに進化させ、更なる高みに向かうエネルギーも
素晴らしく感じました。