■ファッション イン ジャパン■ 1945-2020―流行と社会■

梅雨の合間の晴れた午後
現在■ファッション イン ジャパン■展
開催中の乃木坂の国立新美術館へ。

私自身とも重なる1945年から2020年まで
日本のファッション史を多くの
マネキンの衣装や資料によって
再現されて・・・
どの時代のファッションも
懐かしく想い出しながら
巡りました。

ポスター.jpg

■ファッション イン ジャパン■ 1945-2020―流行と社会■


2021年6月9日(水)~9月6日(月)
10:00~18:00 ☆毎週金・土曜日は20:00まで
★国立新美術館
https://fij2020.jp

1970年代以降、日本人ファッション・デザイナーたちは世界的に高い評価を得てきました。これまで、日本のファッションは、彼らを契機に突如として誕生したかのように語られてきましたが、実際はそうではありません。明治期に日本が近代国家となり洋装を取り入れたことを契機に、第二次世界大戦後には洋装が一般的になり独自の装いの文化を展開してきました。
本展では、特に戦後の日本におけるユニークな装いの軌跡を、衣服やアイデアを創造するデザイナー(発信者)サイドと、衣服を着用し、時に時代のムーヴメントを生み出すこともあった消費者(受容者)サイドの双方向から択え、新聞、雑誌、広告など時代ごとに主流となったメディアも参照し、概観します。 これまでまとまって紹介されることのなかった、洋服を基本とした日本ファッションの黎明期から最先端の動向を、社会的背景とともに紐解く、世界初の大展覧会です。

本展の主な出品デザイナー、ブランド一覧
田中千代、杉野芳子、伊東茂平、桑沢洋子、森英恵、VAN、EDWARD’S、Mademoiselle NONNON、BIGI、NICOLE、MILK、ISSEY MIYAKE、KENZO、Kansai Yamamoto、JUN、ROPÉ、PINK HOUSE、Yukiko Hanai、COMME des GARÇONS、PASHU、KOHSHIN SATOH、JUNKO SHIMADA、Men’s BIGI、FICCE UOMO、Madame Nicole、yoshie inaba、JUNKO KOSHINO、YUKI TORII、hiromichi nakano、TSUMORI CHISATO、A BATHING APE®、UNDERCOVER、BEAMS、20471120、beauty:beast、FINAL HOME、UNIQLO、Hysteric Glamour、SUPER LOVERS、KEITA MARUYAMA、ATSURO TAYAMA、Masaki Matsushima Paris、ALBA ROSA、BABY, THE STARS SHINE BRIGHT、h. NAOTO、minä perhonen、THEATRE PRODUCTS、mintdesigns、COSMIC WONDER、SOMARTA、THERIACA、途中でやめる、matohu、Mame Kurogouchi、sacai、FUMITO GANRYU、KEISUKEYOSHIDA、AKIKOAOKI、i a i 、コズミックワンダーと工藝ぱんくす舎、PUGMENT、YUIMA NAKAZATO、ANREALAGE、writtenafterwards、MIKIO SAKABE 他

プロローグ
1920年代-1945年 和装から洋装へ
1945-1950年代  戦後、洋裁ブームの到来
1960年代    「作る」から「買う」時代へ
1970年代     個性豊かな日本人デザイナーの躍進
1980年代     DCブランドの最盛期
1990年代   渋谷・原宿から発信された新たなファッション
2000年代 世界に飛躍した「Kawaii」
2010年代 「いいね」の時代へ
未来へ向けられたファッション




ファッションインジャパン1.jpg

ファッションジャパン2.jpg

ファッション5.jpg

ファッションジャパン3.jpg

ふぁっしょん2.JPG

ファッション1.JPG

2020年 中里唯馬(nakazato yuima)
ファッション3.JPG



外のテラスでアイスティーを
アイスティー1.JPG

テラス.JPG






この記事へのコメント

2021年06月26日 23:19
1945年以降のファッションというと、
戦時中のもんぺスタイルから抜け出した時から、
話が始まる訳ですね。私自身は全く疎い分野ですけど、
視覚的な刺激を受けてる内に、自分の生きて来た
時代が、何だか愛おしく思えて来ました。
komichi
2021年06月27日 12:00
yasuhikoさん、こんにちは!
私が生まれた頃から始まるファッションの歴史は
ほとんど経験した場面ばかりで、どの時代も懐かしく
想い返しました。
中原淳一の「それいゆ」から現在のファッションまで
その時代の自分と向き合ったような展覧会でした。
2021年06月27日 19:37
「ファッション イン ジャパン」なんて展覧会が国立新美術館であったのですか。日本のファッションの歴史を辿ることができるのですね。
戦後の日本人の服装は激変してきたことでしょうね。
興味深いです。
とは言いながら、ファッション自体にはこだわりが無いのですが。
私の世代としては、1980年代のDCブランド、バブルの頃のブランド品の洋服が思い出されます。今思うとなんでそういうものに、夢中になったのか。
流行や周りの雰囲気に飲まれていました。
それも、歴史のひとつなのですね。
komichi
2021年06月28日 18:13
ミクミティさん、こんばんは!
戦前までは普通の女性は着物を着ていたのですから
戦後から急に洋服文化の浸透が始まったことになりますね。
私は戦後すぐの生まれなので、今回の展覧会は
まるで自分のファッション史のような感じでした。
仕事を含め、さまざまな時代のファッションを
眺めてきたことの感慨も深かったです~☆
2021年06月29日 20:53
ファッションの世界に身をおいてきたkomichiさんにとって感慨深い催しだったんですね。
私は自分の好みがはっきりしているので、あまり冒険はしないのですが、流行のファッションを見るのは好きです~
斬新なファッションも急に表れたのではなく、時代を踏襲して新しく再現されているんだなぁと感じる時があります。。
komichi
2021年06月30日 19:18
白いねこさん、こんばんは!
ファッションからも時代を感じています。
子どものころからファッションに興味があって
その後縁あって仕事でもかかわってきました。
時代々で変化も激しくあったことも再確認しました。
今は森の生活でさほど激しいファッションはしなくなりましたが
それでも、やはり関心は強く興味を持って眺めています。