テーマ:ファッション

■8月の竹林2019■あきる野・真木テキスタイル

猛暑の昼下がり 友人を誘って、 ■8月の竹林2019■を開催中の あきる野市の真木テキスタイルへ。 ヤブミョウガの白い小さな花が咲く 竹林の庭も夏草いろ 人の手で糸を紡ぎ、染、そして織り上げられた なんとも言えないやさしい風合いを撫でながら 自分の大切な一枚を探す。 ■8月の竹林2019■あきる…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

■ゆかた 浴衣 YUKATA■-すずしさのデザイン、いまむかし-

まだ5月なのに、真夏日の夕暮れ 5月28日から開催される■ゆかた 浴衣 YUKATA■展 事前ブロガー内覧会の行われた六本木一丁目の 泉屋博古館分館へ。 夏の暑さの清涼剤のようなゆかた。 かつて、ふろ上がり(当時は蒸し風呂)に 男性が羽織った麻のガウンのようなものが始まりとか… 江戸時代、綿の華やかな図柄の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

■布のいのち■あきる野・真木テキスタイルから…

GW後半、爽やかな朝 圏央道を走って… あきる野市・真木テキスタイルで 行われている■布のいのち■展へ。 今回の展覧会では現在ミラノの ASSAB ONE galleryでも展示されている 真木千秋さんの手紡ぎの糸から織られた布 その切れ端まで最後のいのちを愛おしむように 裂いて織り込んだタペストリー作品 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

■真砂三千代 衣展■真木テキスタイルで作る冬衣

あきる野・真木テキスタイルより 秋冬衣の展示会のお知らせが届きました。 インドで織っているganga makiの布や ヒマラヤウールを使った冬衣は 温かな空気を纏うようなやさしさ ■真砂三千代 衣展■真木テキスタイルで作る冬衣 9月14日(金)~9月18日(火)会期中無休 1…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

■亜空間として形成する伊勢型紙■江戸小紋の世界

台風後の蒸し暑さのこる午後 表参道・EYE OF GYRE ギャラリーで 開催されている「江戸小紋の世界」展へ。 創業100年の江戸小紋染色工場4代目、 元ウィンドサーフィン選手・廣瀬雄一氏と モダンデザイン建築家の長坂常氏とのコラボ展。 日本文化に視線が向けられているいま 江戸小紋の文化と技術を伝えて興味…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ダイアン・クライスコレクション■アンティック・レース展■

7月中旬頃の猛暑日、渋谷・松涛美術館で開催された ダイアン・クライスコレクション■アンティック・レース展■へ。 春頃、横浜そごう美術館でも開催されていた この展覧会を、やっと見ることができました。 気の遠くなるほどの手仕事に、怖れを感じるほど。 機械作業になるまでの時代、指の繊細な感覚を信じ 丹念に続けられ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

■ショーメ 時空を超える宝飾芸術の世界■三菱一号館美術館

7月19日、猛暑日の夕暮れ 丸の内・三菱一号館美術館 閉館後に行われた■ショーメ展■ ブロガー・内覧会へ。 この日は、中村剛士氏をモデレーターに 美術館の学芸員・岩瀬慧氏による ギャラリーツアーもあり 今回の展覧会の舞台裏も覗けたような気分 パリ・ヴァンドーム広場に1780年から 宝飾店を持つ歴史あるシ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

■彼女と。■エルメス 観客参加型展覧会

真夏日の午後 エルメスの体験型展覧会 ■彼女と。■初日の国立新美術館へ。 映画のセット現場を巡り エルメスがイメージした魅力的な女性を ひとりの作家を通して探す小さな旅体験 バックヤードにはエルメスの衣装もあり エルメスのファッションを楽しめる工夫 ■彼女と。■エルメス 観客参加型展覧会 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■生成とIndigo■真木テキスタイルスタジオ

あきる野の竹林にある真木テキスタイルから このゴールデンウィーク前半の展示会 ■生成とIndigo■が開催されます。 爽やかな竹林の風をうけ ゆったりと夏の衣服の準備を… ■生成とIndigo■真木テキスタイルスタジオ 2018年4月28日(土)-5月4日(金祝) 会期中無休 11:00-1…
トラックバック:3
コメント:4

続きを読むread more

■YUIMA NAKAZATO Exhibition - HARMONIZE - ■

霧雨も止んで晴れた午後 作品に触れるのを楽しみにしていた YUIMA NAKAZATO の展覧会が開催されている 東京ミッドタウンの21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー3へ。 藤野で、彼のご両親の作品に触れる機会は多く 素晴らしいアーティストのDNAと斬新な発想の オートクチュール作品に眼を開かせら…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画■ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男■

80年代後半から90年代頃、根津美術館そば 青山の直営ショップ見ていた大好きな ドリス・ヴァン・ノッテンの服 ワクワクしながら上映中の映画館 ヒューマントラストシネマ有楽町へ。 彼の選ぶテキスタイルのアート溢れる 布や素材に心が躍ります。 完璧主義の彼の神経の隅々から 作られた着るアート作品 ため息の出…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

■夏のコットン&葦・竹 展 ■あきる野・真木テキスタイル

以前から行ってみたいと願っていた 真木テキスタイル。 その東京あきる野の竹林にある 古民家ショップで現在開催されている ■夏のコットン&葦・竹■展へ。 素材や糸を探し その糸を使って機織りした サンプルから繊細で空気をまとうような 布へ…気の遠くなるような工程を経て 目の前にあらわれた衣(ころも)は 端正…
トラックバック:2
コメント:8

続きを読むread more

川久保玲 ■コム デ ギャルソン■間の技■メトロポリタン美術館から

私の人生の恩人 川久保玲さんの個展を現在開催中の ニューヨーク・メトロポリタン美術館へ。 毎年、仕事で通っていた頃から 何十年ぶりかのニューヨーク一人旅 JFKからホテルにチェックインしてその足で 展覧会へ。 コム・デ・ギャルソンのデザイナーで オーナーでもある川久保玲さん。 現役でメトロポリタンでの展…
トラックバック:2
コメント:10

続きを読むread more

■PARIS オートクチュール展■世界に一つだけの服

小雨降る午後 現在■PARIS オートクチュール展■開催中の 丸の内・三菱一号館美術館へ。 2013年、パリで開催され好評を博した企画展を 再構成して行われているオートクチュール展。 服のデザインイメージに合わせた パリの服職人の技術に基づいた誇りがうかがわれる あまりにも美しい刺繡やカッティ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

■原田美砂「HATS OFF!」- 賛美の帽子 -■ポーラ ミュージアム アネックス

ロンドンを拠点に英国王室や セレブリティに愛されている 帽子デザイナー原田美沙の 日本初の個展 ■原田美砂「HATS OFF!」- 賛美の帽子 -■ 開催中の銀座・ポーラ ミュージアム アネックスへ。 「HATS OFF!」とは、「脱帽する」のような お見事!といった感嘆の意味。 今、東京でも様々な帽…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

25周年■LABYRINTH OF UNDERCOVER■オペラシティ アートギャラリー

現在、初台の東京オペラシティ アートギャラリーで 開催中の25周年■LABYRINTH OF UNDERCOVER■展へ。 南青山の UNDERCOVERのショップで見た時から 印象の強かったディスプレイを含めたショップ展示。 何か新しいものが動き出す予感のする高橋盾率いる アンダーカバーのデザインセンス。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ドキュメンタリー映画■ディオールと私■

現在、渋谷Bunkamura ル・シネマで 上映中のドキュメンタリー映画 ■ディオールと私■へ。 1947年、ウエストが細く括れたニュールックで 世界を席巻させたディオール。 ディオールの早世でその後イヴ・サンローラン マルク・ボアン、ジャンフランコ・フェレ、 ジョン・ガリアーノと続き、2011年ガリアーノ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

エルメス■レザー・フォーエバー■東京国立博物館・表慶館

雨上がりの透明な空気の朝 上野公園の東京国立博物館・表慶館で 開催初日のエルメス■レザー・フォーエバー■展へ。 銀杏の葉、舞い散る公園を歩いて着いた表慶館。 クラシックな建物と歴史あるフランス・エルメスの皮 さまざまな表現でプロの技が光るバッグや小物たち。 鞍を乗せた電動馬もあって・・・ 馬具から始まったエ…
トラックバック:1
コメント:14

続きを読むread more

エスプリ ディオール■ディオールの世界■

現在、銀座3丁目Apple Storeの隣 玉屋ASビル地下1階から2階までのフロアーを 使用して大規模に開催されている エスプリ ディオール■ディオールの世界■へ。 創始者・クリスチャン・ディオールの生い立ちから そのクリエーション、そして今に続くディオールブランドの 全てを感じる豪華な展覧会。 オートク…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

久保田恵■春を纏う風を纏う■

逗子で1986年から生活提案の店「閑」(かん)を営む 久保田恵さんのファイナル展示会が 京橋の「Art Space 繭」で開催されます。 美大でテキスタイルデザインを共に学んだ友人 久保田恵さんの布の表情を大切にした、シンプルな服たち。 久しぶりに出会える作品を楽しみに・・・ 久保田恵■春を纏…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

生誕100周年記念■中原 淳一 展■

現在、生誕100周年記念 ■中原 淳一 展■開催中の 日本橋三越へ。 私の生まれた戦後の何もないころ 母の夢託した雑誌「それいゆ」「ひまわり」 幼き頃、私の洋服はすべて「ジュニアそれいゆ」から 作られて、それいゆ少女そのもの。 中学生になってからはアメリカの雑誌『Seventeen』に 心奪われ、自分でデ…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

■Future Beauty 日本ファッションの未来性■東京都現代美術館

残暑厳しい午後の木場。 現在■Future Beauty 日本ファッションの未来性■ 開催中の東京都現代美術館へ。 80年代、パリでのショーで西洋ファッション界に 強い衝撃を与えた川久保玲と山本耀司。 黒くボロボロの衣装、裾の長さもまちまち 布をねじったり、穴をあけたり・・・ メイクも色を抑えたモノトーン。 …
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

■DOVER STREET MARKET Ginza COMME des GARCONS■

3月16日銀座6丁目に開店した「ギンザコマツ」西館。 デザイナー川久保玲さんがディレクションするコンセプトストア 「DOVER STREET MARKET GINZA Comme des Garçons」へ。 世界のファッションが川久保さんのセンスで選ばれ 現代アートとともに共存。 しばらく忘れていた…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

■妹島和世による空間デザイン/ コム・デ・ギャルソン■

東京・木場の東京都現代美術館で開催中の ■妹島和世による空間デザイン/ コム・デ・ギャルソン■展へ。 新しい表現を衣服に求めてやまない川久保玲(コム・デ・ギャルソン)さん。 着る人の覚悟をも試されるようなスタイルに刺激を感じる永遠のアヴァンギャルド服。 今回、その30点の服を建築家・妹島和世デザインによる浮遊感ただよ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

◆初夏の衣展 by閑 ◆と葉山芸術祭

逗子の「閑」より、5月2日から10日まで開催される ◆ 初夏の衣展 ◆の案内が届きました。 独自の発想で創られる衣のかずかず。 自由にアレンジして楽しく装っていただければと思っています。 ちょうどこの時期、大きなイベント■葉山芸術祭■開催中。 「閑」の◆初夏の衣展 ◆も葉山芸術祭参加企画です。 潮風の香りを楽しみながら、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

◆マリー・アントワネット◆

ソフィア・コッポラ監督、キルスティン・ダスト主演の映画 「マリー・アントワネット」を有楽町マリオン、日劇PLEXで観ました。 歴史映画というより今を感じさせる華やかなファッション映画の趣。 冬色の街が明るくなるような気持ちになります。 ◆マリー・アントワネット◆ ソフィア・コッポラ(監督/脚本/プロデュ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

■メグさんのお洒落マジック■

今日、2月1日から10日まで京橋「アートスペース繭」で衣の展覧会です。 逗子の住宅街で、丁寧な暮らしの器やオリジナルウェアーの素敵なお店 「閑」のオーナーでデザイナーの久保田恵さんの手になる「お洒落マジック」。 あなたも袖を通してみませんか。 かつてデザインを一緒に学んだ私の友人。 それぞれの道で一生懸命生きている姿に勇気…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

■コムデギャルソンによる Helmut Newton展■

「コムデギャルソンによるHelmut Newton展」 2月8日から21日まで私の恩師でもある、コムデギャルソン川久保玲さん監督によるヘルムート・ニュートン展が伊勢丹120周年記念企画の第2弾として,伊勢丹新宿店 1F ザ・ステージにて開催されます。 ヘルムート・ニュートンは1920年にベルリンの裕福…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more