テーマ:映画

■パヴァロッティ 太陽のテノール■渋谷ル・シネマ

90年代の日本公演も話題になった 三大テノールの饗宴。 その一人、「キング・オブ・ハイC」 ルチアーノ・パヴァロッティを 家族のプライベート映像やさまざまな インタビューから彼の全貌を見つめた ドキュメンタリー映画。 天から降り下りたような彼の歌声に 心震える感動を覚え、そのチャーミングな人柄にも 魅了されたひとと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

映画■プラド美術館 驚異のコレクション■渋谷ル・シネマ

小雨降る、蒸し暑さの残った午後 現在、映画■プラド美術館 驚異のコレクション■ 上映中の渋谷Bunkamura ルシネマへ。 事前予約で隣座席を空け チケットを購入し 映画館入り口では検温を済ませて入場。 世界三大美術館と言えば パリのルーブル、ニューヨークのメトロポリタン サントペテルブルグのエルミタージュあた…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ドキュメンタリー映画■タゴール・ソングス■あつぎのえいがかんkiki

暑い夜、ラジオインタビューから 聴こえてきた若き映画監督 佐々木美佳さんの声に耳を傾け知った ドキュメンタリ映画■タゴール・ソングス■のこと かつて友人から勧められたタゴールの詩 その時には心に響かずそのままに・・・ 時を経て、インド・ベンガルが生んだ タゴールの詩がいまも街でも歌われている ことへの驚きとそのド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

■ミニシアター・エイド(Mini-Theater AID)基金■

新型コロナウィルスの影響で 苦境に陥っているミニシアターを 救うために立ち上げられた ミニシアター・エイド基金。 今まで東京のミニシアターで上映された 映画から、たくさんの感動や刺激を得、 私にとっては無くてはならない場所。 いまは、家での映画鑑賞へ。 また上映再会できる状況がやってきたら ミニシアターのスクリ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画■三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実■

先週、コロナウィルス対策で人数制限をした SHIZENヨガスタジオでレッスンを受けた後 ドキュメンタリー映画 ■三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実■ 上映の立川高島屋キノシネマへ。 50年前の1969年、東京大学駒場キャンバスで 行われた三島由紀夫と東大全共闘との 伝説の討論会。 TBSに保管されていた貴重…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画■名もなき生涯■立川高島屋SC館 Kino Cinema

新型コロナウィルスの影響で 先週からヨガレッスンもお休み。 午前中、静かに瞑想してから ヨガを1時間ほどしています。 そんな中、どうしても見ておきたい映画 ■名もなき生涯■を現在上映中の 立川高島屋SC館・Kino cinemaへ。 テレンス・マリック監督による 第二次世界大戦時、実在した 一人の人物を通し、自…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画■巡礼の約束■神保町・岩波ホール

午前中のヨガレッスンのあと 現在、映画■巡礼の約束■上映中の 神保町・岩波ホールへ。 ラサへの2000キロ路を病をおして 五体投地で巡礼を行う妻。 それを追う現夫と、 病死した前夫との子。 圧倒的なチベットの雄大な大地に 全身投げ出し、牛歩で進む 果てしなく長い巡礼の旅。 暮らしのなかに深い信仰が根付くチ…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画■男と女 人生最良の日々■

1966年に制作された映画「男と女」 あれから53年後の同じメンバーで撮影された ■男と女 人生最良の日々■を現在 上映中の渋谷ル・シネマへ。 学生時代に見たアヌーク・エーメの 大人の女性の美しさやファッションに 心躍った映画「男と女」 53年後のアヌーク・エーメに刻まれたしわも、 年齢を重ねた女性の深いヒストリ…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

映画■写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと■

■永遠のソール・ライター■展を観た翌週 2012年に制作されたドキュメンタリー映画 ■写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと■を 展覧会期間に合わせて上映中の渋谷Bunkamuraル・シネマへ。 50年同じニューヨークの ロウアー・イースト・サイドのアパートメントに住まい その混沌としたアトリエのなか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画■パラサイト(半地下の家族)■

2019年第72回カンヌ国際映画祭で 韓国映画初となるパルムドールを受賞した 映画■パラサイト■を現在上映中の kino cinema 立川高島屋 S.C.館へ。 ポン・ジュノ 監督映画ははじめて。 スタートからぐいぐいと展開される 物語の凄さに圧倒され 「天国と地獄」のような深刻で深く暗い背景を すさまじいほどのス…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

映画■アイリッシュマン■吉祥寺・アップリンク

マーティン・スコセッシ監督ととロバート・デ・ニーロ そしてアル・パチーノ、ジョー・ペシと聞いて やはり出かけた吉祥寺・アップリンクで上映中の 映画■アイリッシュマン■ アメリカ闇の世界を実在のヒットマンを 通して回想した激しい日々の記憶。 ニューヨークのブロンクスやリトル・イタリーなど 雑然としたニューヨークの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画■ジョーカー■立川シネマシティ

吉祥寺でのヨガレッスンを終え 気になっていた映画「ジョーカー」を 上映中の立川シネマシティへ。 闇へ突き進む狂気を怖ろしいまでに 追求したホアキン・フェニックスの リアリティにたじろぐほど。 観終えて重く、胸に突き刺さり 凄みのある傑出した映画。 現代社会の暗い断面も 強く感じさせるこわさ。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ドキュメンタリー映画■ジョアン・ジルベルトを探して■

吉祥寺SHIZENヨガスタジオでレッスンを受けたあと ドキュメンタリー映画■ジョアン・ジルベルトを探して■ 上映中の吉祥寺・アップリンクへ。 今年7月に88歳で死去した、 ブラジルの伝説的ミュージシャン、ジョアン・ジルベルト。 伝統的なサンバをベースにささやくように歌う「ボサノバ」を 生み出した彼は「ボサノバの神様」…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画■ロケットマン■

8月23日から劇場公開の始まった 映画■ロケットマン■上映中の 立川シネマシティへ。 イギリスの天才音楽家、エルトン・ジョンの生い立ちから 苦悩の人生の中で作り上げられてゆく楽曲の数々。 作詞家バーニー・トーピンとの出会いで生まれた 「Your Song」を初めとする時々の正直な心情を歌う エルトン・ジョンを演じる…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

★夏休みの風景★

目黒から息子一家がやって来て いつものように孫たちだけ我が家に滞在。 前半はお天気に恵まれ八王子サマーランド行き、 後半は台風の影響で遠出をあきらめ、 立川・シネマ1で孫のリクエストの 「PET(ペット)2」を予約して 満席の映画館へ。 ニューヨークに住むペット達の起こす 様々な事件にワクワクするアニメーション。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

映画■新聞記者■吉祥寺・アップリンク

朝からSHIZENNでヨガレッスンを受けた後 蒸し暑い吉祥寺の街を早足で 映画■新聞記者■を上映中の アップリンクへ。 東京新聞記者・望月衣塑子の著書 「新聞記者」を原案に基づいて制作された作品。 現政権への忖度や諦めにも似た感情での無関心など… 今この国に充満する空気のなか 現政権に異議を唱えた映画を製作し…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

映画■田園の守り人たち■神保町・岩波ホール

SHIZENヨガでのレッスンを終え 急ぎ電車を乗り継いで 現在、映画■田園の守り人たち■を 上映中の神保町・岩波ホールへ。 上映開始5分過ぎにやっと着席した満席近い午後の部 100年ほど昔のフランスの田園風景が目に飛び込んで… 全編、映像が絵画的でみごとな色調に 感嘆のため息。 この時代の厳しい情勢から 緊…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

■ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス■岩波ホール

午前中のヨガレッスンの後 ドキュメンタリー映画 ■ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス■ 上映中の神田神保町・岩波ホールへ。 ニューヨークには何度も出かけながら 行ったことのなかったニューヨーク公共図書館 その舞台裏を支えるシステムや思想など… この図書館の魅力があふれたドキュメンタリー映画。 何人に…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画■最後の語り部たち■吉祥寺・アップリンク

前日のチベット・カラーチャクラの会から 興味を持って21日の朝、映画■最後の語り部たち■ 上映中の吉祥寺アップリンクへ。 標高4000mを超える草原、チベットの民族服で 叙事詩を詠う若者の声がラップ音楽のように リズミカルに聴こえてきます。 大自然の草原をヤクを連れた文盲の若き牧童が 神授(神から授けられた…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画■ROMA/ローマ■吉祥寺アップリンク

第91回アカデミー賞で 外国語映画賞、監督賞、撮影賞を受賞し Netflixで先行公開された映画 『ROMA/ローマ』を現在上映中の 吉祥寺アップリンクへ。 全くの予備知識なしに観たこの映画 1970年代のメキシコの激動期 ある家族とその家政婦とのかかわりを通し 深い愛が育ってゆく過程をモノクロで 表現…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

■ヨーゼフ・ボイスは挑発する■吉祥寺アップリンク

一部作品の入れ替わった 後期展示「新・北斎展」を観た後 吉祥寺パルコ地下2階アップリンクで 映画「ヨーゼフ・ボイスは挑発する」 を観る。 1991年東京・ワタリウム美術館で開催された ■Joseph Beuys 展■で初めて彼の作品に触れ カーキ色のフエルト作品にただ惹かれたこと。 そんな記憶から観たこの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画■アリー スター誕生■

昨年末から日本で上映されている レディー・ガガ主演の映画 ■アリー スター誕生■ 最初、渋谷のヒューマントラストシネマの満席で諦め 次に早朝の立川シネマシティへ。 奇抜な衣装や発言などでも注目を浴びていた レディ・ガガが、かつて何度も上映された 「スター誕生」を演じて、その歌唱力 演技力に感動。 ガガの…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画■ボヘミアン・ラプソディ■六本木TOHOシネマズ

相模湖で午前中のヨガレッスンを終え 急ぎ足で、映画■ボヘミアン・ラプソディ■上映中の 冷たいビル風吹く、六本木ヒルズへ。 慌てて、間違えて購入した プレミアボックス席チケット。 ポップコーンとカフェオレの昼食をとりながら ドルビーの爆音で観て聴く。 噂通りの迫力と、聴きなれた音楽に ラジオからよく流れてい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

映画■私はマリア・カラス■渋谷Bunkamura ル・シネマから…

肌寒い朝、 ドキュメンタリー映画■私は、マリア・カラス■ 現在上映中の渋谷 Bunkamuraル・シネマへ。 20世紀最高のソプラノと言われたオペラ歌手 マリア・カラスの未完の自叙伝やプライベートの手紙などから 彼女の人生を解き明かして行くドキュメンタリー映画。 あまりに激しく、ドラマチックな生き方 その情…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

■顔たち、ところどころ■渋谷・アップリンク

僅かな晴れ間の見えた午後 現在、ドキュメンタリー映画 ■顔たち、ところどころ■上映中の 渋谷・アップリンクへ。 88歳になる映画監督、アニエス・バルダと 35歳のアーティストJRのフランス各地を巡る ロードムービー。 大型印刷機材を積んだトラックで各地の人々と接し 撮影、取材、現地展示・・・ それぞれの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画■君の名前で僕を呼んで■

酷暑の中、渋谷・アップリンクで やっと観ることのできた映画 ■君の名前で僕を呼んで■ イタリアの田園風景を背景に瑞々しい 感性がぶつかり合うような夏の恋 狂おしいのに、どこか清潔な感じ 久々に青春という言葉も浮かび 胸がキュンとした素敵な映画 少年の両親のこの恋への反応が素晴らしく 私もそうありたい…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画■ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス■

猛暑の午後、 7月20日からドキュメンタリー映画 ■ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス■ 上映中の有楽町・TOHOシネマズ シャンテへ。 2000年、ビム・ベンダース監督のドキュメンタリー映画 ライ・クーダとキューバのミュージシャンで結成された 「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」を観て感激。 18年…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画■万引き家族■

カンヌ国際映画祭で パルムドールを受賞して 一躍時の人となった是枝是和 監督作品■万引き家族■ 上映開始翌日の渋谷・東宝シネマは満席で観られず 翌週雨の平日、立川シネマシティへ。 是枝監督の映画は以前にも観ていて 物事の表層からはうかがい知れない 内実をていねいに伝える意思がすき。 名優ぞろいのこの…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

映画■モリのいる場所■

モリと呼ばれた画家・熊谷守一 伝説の暮らしのエピソードが ユーモアを交えた大人の童話のような 独特の雰囲気をそなえた作品に 名優、山崎努、樹木希林の やり取りの妙もおかしく ところどころでくすんと笑う。 ものを極めてシンプルになった人の 清らかな雫のような作品の源を垣間見たような… 映画■モ…
トラックバック:1
コメント:6

続きを読むread more

映画■ラッキー■渋谷・アップリンク

私の周りにも居る ちょっと偏屈で現実主義…でも繊細 そんな男性が死を予感するようになった日常を 描いた映画「ラッキー」を 配給元の渋谷・アップリンクで… 敬愛するビム・ベンダース 監督の 「パリ、テキサス」で,さすらう男を演じ 興味を持った、今回のラッキー役の ハリー・ディーン・スタントン。 誰にでも必…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more